児童虐待をなくしましょう

 『いちはやく 知らせる勇気 つなぐ声』(平成29年度 児童虐待防止推進月間 標語)

 親などによる子どもの虐待が深刻な社会問題になっています。「すべての児童は、心身ともに、健やかにうまれ、育てられ、その生活を保障される」と児童憲章にうたわれています。子どもが虐待を受けずに、健やかに成長できる社会を目指しましょう。

 

児童虐待とは…

【身体的虐待】
 ・殴る、蹴る、叩く
 ・投げ落とす、激しく揺さぶる
 ・やけどを負わせる、溺れさせる  など

【心理的虐待】
 ・言葉による脅し、無視
 ・きょうだい間での差別的扱い
 ・子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV)  など

【性的虐待】
 ・ポルノグラフィの被写体にする
 ・子どもへの性的行為、性的行為を見せる  など

【ネグレクト(保護・養育を怠る)】
 ・ひどく不潔にする
 ・家に閉じ込める
 ・食事を与えない
 ・自動車の中に放置する
 ・重い病気になっても病院に連れて行かない  など
 

もしかして虐待かも、と思ったら…

 児童虐待かもと思ったらすぐにお電話ください。あなたの1本のお電話で救われる子どもがいます。
  ※連絡は匿名で行うことも可能です。
  ※連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。

 ○児童相談所 全国共通3桁ダイヤル 189(いちはやく)または 028-665-7830
  ※毎日、24時間対応(電話のみ)
 ○家庭児童相談室(児童家庭課内)82-1113 ※月~金曜日 8:30~17:00