野鳥における鳥インフルエンザに関する情報

平成28年12月12日に若旅地区において回収された野鳥(オオタカ)1羽からH5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された件について、環境省が平成29年1月26日24時をもって、若旅地区の発見場所を中心とする半径10㎞以内の野鳥監視重点区域を解除たしました。

なお、栃木県では、全国における鳥インフルエンザの発生状況を踏まえ、引き続き野鳥の監視等を継続します。

 

 
死亡している野鳥をみつけたら?

野鳥は、様々な要因で弱ったり死んだりします。野鳥が死んでいても直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。

ただし、野生動物は様々な雑菌を保有していることがありますから、死んだ野鳥などに素手で触るような接触は避け、下の相談窓口にご連絡の上、その指示にしたがってください。

 

※鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。日常生活においては、鳥の排せつ物等に触れた場合には手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありませんので冷静な行動をお願いします。

 

 

相談窓口

栃木県では電話相談窓口を設置しています。

・野鳥の鳥インフルエンザに関すること:栃木県県東環境森林事務所

(平日:0285-81-9001、休日及び夜間:080-8021-3601)

 ホームページ:http://www.pref.tochigi.lg.jp/d52/kikaku/torihuru.html

・家禽(ニワトリ等)の鳥インフルエンザに関すること:栃木県県央家畜保健衛生所

(平日028-689-1200、休日及び夜間090-7205-0895)

 

※この記事の問い合わせ先:環境課(83-8125)、農政課(83-8139)