農薬は正しく使いましょう!

農薬の危害防止運動期間のお知らせです。 

 

 

 農薬の使用機会が多い6月~8月までの3ヶ月間は栃木県農薬危害防止運動の期間です。

農薬の適正使用と管理徹底に心がけ、農薬による事故等の発生を予防しましょう。

 

※適正使用・管理の徹底

・農薬の使用に当たっては、ラベル等で登録農薬であることを確認した上で、使用基準(適用作物・使用時期・使用方法等)を遵守しましょう。

・毒物、劇物に該当する農薬のみならず、全ての農薬について、安全な場所に施錠して保管し、希釈液等を飲食品の空容器等へ移し替えないようにしましょう。

・農薬やその希釈液、残渣等をペットボトルやガラス瓶などの飲料品の空容器等に移し替えないようにしましょう。

・農薬は、飲食物と分けて保管し、居住空間のテーブル等に放置しないようにしましょう。

・やむを得ず使用の段階で農薬と他の農薬等を混用する場合は、注意事項を遵守しましょう。

 

※安全・安心な農産物生産のための取組強化

・農薬の使用状況が把握できるよう、農薬を使用した年月日、場所、農作物、農薬の種類、名称、単位当たりの使用量または使用濃度を帳簿に記載するようにしましょう。

 

※周辺環境への配慮

・住宅地等に近接する農地で農薬を散布する場合は、周辺住民へ事前に周知し、飛散防止の対策を徹底しましょう。

・散布箇所の周辺で蜜蜂を飼育している場合があるので、養蜂家に対して事前に農薬散布計画等の情報を提供し、事故を防ぎましょう。