BCP(事業継続計画)策定状況に関する調査を実施しています。

市では、BCP策定推進都市宣言に向けたアンケート調査を、市内法人事業所を対象に実施しています。アンケート結果を元に、今後の支援の方法について、検討していきます。

BCP(事業継続計画)とは?

地震や水害など、大規模な災害が発生した際に、企業が「優先的に行う応急事業や、非常時においても優先度が高い業務」をあらかじめ特定し、人や物、情報、ライフライン、原材料などの確保の方法を定めたものです。
業務を継続するために必要な資源を重点的に投じるようにしておくことで、大規模な災害が発生した場合でも、事業の継続と迅速な復旧が図れるように備えておく計画のことをいいます。

 

アンケート調査

調査対象

●真岡商工会議所、にのみや商工会、工業団地総合管理協会に加盟する、市内法人事業所

●入所型の介護施設(短期含む)

●芳賀赤十字病院、福田記念病院、真岡病院

 

調査内容

●BCP策定の有無

●BCP策定支援の必要性の有無

 

調査期間と提出先

期間:平成29年6月8日(木)から6月30日(金)まで

提出先:市安全安心課 消防防災係

提出方法:FAXまたはEメール

連絡先:下記問い合わせ先を参照

 

アンケート用紙

調査依頼書 [19KB docxファイル] 

アンケート回答用紙 [22KB docxファイル] 

 

協力

真岡商工会議所、にのみや商工会、工業団地総合管理協会