6月29日(木)に市内中学2年生を対象とした、移動音楽鑑賞教室がありました。
公演の様子をご案内します。

ビバ!ムジカと「よろこびの歌」を歌おう

よろこびの歌(ベートーヴェン)/ハンガリア舞曲第5番(ブラームス)/サマータイム(ガーシュイン)/千の風になって(新井 満)/電話(湯山 昭)/ふるさとの四季メドレー(岡野 貞一)

  出演者さんの表情豊かな声色と軽妙なトークで、会場から笑いが湧き起こって、生徒たちの心を掴んだ様子でした。

 「電話」のようにコミカルな要素のある曲や、親しみのある曲を選ばれていて、生徒たちを退屈させません。

全員合唱 交響曲第9番第4楽章より「よろこびの歌」(ベートーヴェン)

 会場の生徒たちを巻き込んでの全員合唱です。

 1番声量が出ていたため、市内9中学校の男性の先生方が舞台上に集合しました。

 「よろこびの歌」は、ベートーヴェンが酒場で飲んでいる時に着想を得たそうです。

 そういうわけで、先生方も酒場をイメージして、肩を組んで踊っています。

チャールダーシュ(モンティ)/ひばり(ディニーク)/群馬県・栃木県民謡「八木節」(林 冬樹編曲)

 

 演奏者さんが楽器を持って、会場を回って下さいました。

 生徒たちも間近で演奏を見れる貴重な機会に、興味津々の様子でした。

お礼の言葉・花束贈呈/アンコール

  最後の曲の後、今年の代表の真岡東中学校の生徒2名から、心のこもったお礼の言葉と花束の贈呈がありました。

 おかげさまでとても素敵な教室となりました。

 ありがとうございました。

演奏者

ソプラノ

 三塚 直美(みつづか なおみ)さん

:東京藝術大学卒。文化庁インターンシップ修了。ロッシーニ生誕200周年国際オペラコンコルソ入賞。アルベルト・ゼッダ指揮新星日響と共演。イタリア各地で演奏会に出演。国内では、各地のオーケストラと共演するなど、演奏会とともに多くのオペラに出演している。

テノール

 下村 雅人(しもむら まさひと)さん

:国立音楽大学声楽科卒。二期会会員。イタリア声楽コンコルソ金賞。日伊声楽コンコルソ入選。飯塚新人音楽コンクール優秀賞。モーツァルト「魔笛」にてオペラデビュー、以後多くのオペラや演奏会に出演する。宗教曲のテノールソリストとしても幅広く活躍する。

バスバリトン

 境 信博(さかい のぶひろ)さん

:洗足学園音楽大学声楽專攻科およびオペラ研究所修了。「魔笛」のパパゲーノでデビュー。オペラ団体の二期会で十数演目にソリスト出演。オペラ、コンサート演出も多数。また、二十絃箏との競演ひとりオペラ「ベロ出しチョンマ」(三木 稔作曲)でも青年劇場小公演で活躍。

ジプシーヴァイオリン

 古館 由佳子(ふるたて ゆかこ)さん

:桐朋学園大学音楽部卒。ジプシーヴァイオリンをハンガリーにてボロシュ・ラヨシュ、ヴァイダ・バルナバーシュに師事。2004年、ハンガリー国際ジプシーヴァイオリンコンクールで入賞、審査員特別賞、ハンガリー演奏家・舞踊家協会特別賞、レメーニ・エデ協会特別賞を受賞。

ピアノ

 秋田 美穂子(あきた みほこ)さん

:桐朋学園大学音楽部卒。同大学弦楽科伴奏研究員修了。新日本フィルハーモニー交響楽団とショパンのピアノ協奏曲、室内楽グループとバッハ等の協奏曲を共演。「子供たちへのコンサートぴあのひろば」では絵本を取り入れ、ユニークな紹介が好評を博す。

 主催

栃木県教育委員会・真岡市教育委員会・公益財団法人日本青少年文化センター