子宮頸がん予防ワクチンの接種は、子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルスの持続感染を予防する効果があるため、予防接種法に基づく予防接種です。

 

 しかし、子宮頸がん予防ワクチン接種の副反応として、接種部位の痛みやはれ、赤みのほか、疲労、腹痛、頭痛、発熱等、重篤な場合には、アナフィラキシーショック、ギラン・バレー症候群等の報告例があります。

 

これらのことから、平成25年6月14日厚生労働省において、副反応とワクチンとの因果関係について審議した結果、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。

 

 本市においても、厚生労働省の決定を受け、子宮頸がん予防接種の積極的勧奨を中止しております。

 

 これらを踏まえた上で、接種を希望される場合は、これまで同様、対象年齢であれば無料で接種できますので、副反応等を十分にご理解の上、接種ください。

 

 予防接種を希望される方は、接種前にご覧ください。

 →厚生労働省からのリーフレット
   被接種者向けリーフレット
   保護者向けリーフレット