地域生活支援事業についてご案内いたします

 地域生活支援事業は、障害福祉サービスとは別に、 地域や利用者の実情に応じて市と県が協力して行う事業です。障がい者の地域における生活を支える事業です。

 

  • 相談支援事業

 障がい者や障がい児の保護者の相談に応じ、必要な情報提供や助言を行います。

   真岡市では「真岡市障害児者相談支援センター」を設置し、運営をしています。

 

  • 意思疎通支援事業

 聴覚・言語機能・音声機能・視覚その他の障がいのために、意思伝達に支援が必要な障がい者に対して、手話通訳等を派遣します。 

 

  •  日常生活用具給付事業

 重度の障がい者に、自立した日常生活を支援する用具の給付を行います。
(例)ストマ用装具、T字杖、入浴補助用具など 

 

  •  移動支援用具

 自立支援給付の対象とならないケースでの、外出時の円滑な移動を支援し、自立した生活や社会生活を促します。

 

  • 日中一時支援事業

 日中介護者が不在のため、一時的に見守り等の支援が必要な障がい者に対し、日中活動の場を提供し、見守り、日常的な訓練を実施し、家族の一時的な休息を確保します。

 

  • 地域活動支援センター

 詳しくは、社会福祉課障害者福祉係へお問合せください。