徘徊高齢者QRコード利用事業

徘徊をする高齢者が外出し、行方不明となったときや、警察等の関係機関で保護されたときに、早期に身元が判明できるよう「QRコード利用事業」を実施します。

  

徘徊高齢者QRコード利用の流れ

徘徊をする高齢者が保護された際に、早期に身元がわかる衣服や杖などに貼り付けられる「QRコード」を配布します。

①QRコードを衣服や杖などに貼り付けます。

②QRコードを身につけた徘徊高齢者を見つけ、警察に連絡します。

③警察でQRコードをスマートフォンなどの携帯端末で読み取ります。

④携帯端末の画面に表示されるコールセンターに連絡し、情報を提供することで、高齢者の身元が判明。

⑤無事、自宅へ帰ることができます。

 

対象者

(1)市内に住所を有する、おおむね65歳以上の徘徊高齢者及び徘徊をする可能性のある高齢者

(2)その他市長が必要と認める者

 

利用料金

申請のあった月から1年間のみ無料となります。

 

申請方法

いきいき高齢課に申請書があります。審査による決定後、約2週間でQRコードが届きます。