韓国で中東呼吸器症候群(MERS)が発生しています

 

2012年9月に初めて報告された新種のコロナウイルスによる感染症です。

主に中東地域を中心に流行が続いており、今年5月には、韓国で初めて輸入症例が発生し、院内感染などにより、感染が拡大しています。現在、中東地域、韓国からの入国・帰国者に対して、検疫体制を強化しています。

 

中東地域や韓国などMERS発生国から帰国された方で、発熱やせきなどの症状がある方は、入国時に検疫官に申し出てください。

 

帰国後、14日以内に、発熱やせきなどの症状がある方は、保健所に電話相談してください。

 

MERS(マーズ)とは

1.症状

 ・発熱、せき、息切れなどで、下痢などを伴う場合もあります。

 ・潜伏期間は2日から14日程度

 ・基礎疾患(免疫不全や腎不全、糖尿病など)のある方は、一般の方よりも

感染しやすく、感染すると重症化することもあります。

 

 2.感染経路

  ・ラクダが感染源とされています。

  ・せきやくしゃみなどの飛沫感染や、接触感染であると考えられています。

  ・家族間、医療機関での院内感染など、同一空間内での感染報告がありま

すが、どのようにして人に感染するのか、正確にはわかっていません。

 

3.予防対策

 ・発生が報告されている地域には、極力渡航しないようにしましょう。

 ・海外に渡航する場合は、渡航前に厚生労働省検疫所FORTH(フォース)、外務省、在外日本国大使館ホームページなどで、最新情報を確認しましょう。

 ・有効なワクチンはありません。手洗い、うがい、マスクの着用などの基本的な感染予防対策を実施しましょう。

 

 【くわしくはこちら】

   厚生労働省検疫所FPRTH(フォース)

   厚生労働省「中東呼吸器症候群(MERSマーズ)について」

   国立感染症研究所「中東呼吸器症候群(MERSマーズ)」