認知症高齢者が徘徊した場合に、早期に発見できる装置を利用する家族等に対し、費用の一部を助成します。

対象者

本市に住所を有する徘徊高齢者の介護者

【徘徊高齢者とは】

  • 市内に住所を有する、在宅で生活している方
  • 認知症による徘徊のおそれがあるおおむね65歳以上の方
  • 要支援状態または要介護状態と認定された方

助成内容

初期登録費用の2分の1とし、6,000円を限度とします。登録後の利用料金は、自己負担となります。

申請方法

  • 登録費用の領収書 
  • 登録の際の契約書の写し

申請書はいきいき高齢課にあります。上記2点と印鑑をお持ちのうえ窓口で申請してください。

なお、助成を希望される方は、事前にいきいき高齢課へお問い合わせください。