子宮頸がん予防接種の定期接種のお知らせ

 子宮頸がんの予防接種は、子宮頸がんの原因であるヒトパピリーマウイルスの持続感染を防止する効果があるため、本市では平成25年4月1日から、予防接種法に基づく定期予防接種として実施しています。

 しかし、子宮頸がんワクチン予防接種の副反応として、注射部位の疼痛、発赤等のほか、全身性の症状として疲労、筋通、頭痛、発熱等が国に報告されており、稀にショック、アナフィラキシー様症状があり、 平成25年6月14日に厚生労働省において審議した結果、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みが、子宮頸がんワクチン接種後に特異的に見られることから、副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。

 本市においても、厚生労働省の決定を受け、子宮頸がん予防接種については、定期接種として継続するものの、積極的な勧奨を行わないこととなりました。

 なお、子宮頸がんワクチンの予防接種は、これまで同様、対象年齢であれば無料で接種できますので、接種を希望される方は、リーフレット等をお読みになり、十分ご理解の上、接種されますようお願いします。

 厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチン リーフレット はこちら 

 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/pdf/leaflet_h25_6_01.pdf

 厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチンに関するQ&A はこちら 

 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html