障害者虐待防止法が平成24年10月1日から施行されました

10月1日から障害者虐待防止法(正式には「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」)が施行されました。

「障害者虐待防止法」をご存じですか?

障がい者虐待は、どこの家庭や施設(会社)などでも起こりうる身近な問題です。

障害者虐待防止法では「養護者」、「障害者福祉施設従事者等」、「使用者(障害者を雇用する事業主等)」による、次の5つの行為が障がい者虐待にあたると定義しています。

 虐待の種類

こんなことは虐待になります

こんなサインがあります

身体的虐待

暴力や体罰によって身体に傷

やあざ、痛みを与える行為など

身体に傷やあざが頻繁にみられる

急におびえたり、こわがったりする

施設や職場に行きたがらない

性的虐待

わいせつなことをしたり、させた

りすること

ひと目を避け、ひとりで部屋にいたがる

周囲の人の体をさわるようになる

性器の痛み、かゆみを訴える

心理的虐待

怒鳴る、ののしる、意図的に無

視するなど、精神的に苦痛を与

えること

おびえる、叫ぶなどパニック症状を起こす

攻撃的な態度、自傷行為がみられる

無力感、あきらめ、なげやりな態度になる

放棄・放任

食事や水分を十分に与えない

必要な福祉サービスを受けさ

せないなど

体から異臭、髪の汚れ、爪が伸びている

いつも汚れた服を着ている

ひどく空腹を訴える、栄養失調がみられる

経済的虐待

年金や賃金などを渡さない、

本人の同意なしに財産を処分

するなど

年金等がどう管理されているか知らない

日常生活に必要な金銭を渡されていない

サービス利用料等の支払いができない

あなたの気づきが障がい者やその家族を守ります

障がい者の虐待に気づいた方は、真岡市社会福祉課障害者福祉係(真岡市障害者虐待防止センター)にご相談ください。早めの対応や支援は、虐待されている方だけでなく、その家族が抱える問題の解決にもつながります。市の担当職員には守秘義務が課されていますので、通報や届出をした方を特定する情報は守られます。

ひとりで悩まずご相談ください

虐待を受けたと思われる障がい者を発見した方は、真岡市社会福祉課障害者福祉係(真岡市障害者虐待防止センター)に速やかに通報する義務があります。ひとりで悩まずご相談ください。ご協力よろしくお願いします。

通報及び相談の受付先は以下のとおりです。

平日昼間(8時30分から17時15分)は社会福祉課障害者福祉係、電話83-8129

休日昼間(8時30分から17時15分)は市役所日直、電話82-1111

夜間 (上記以外の時間)は 真岡ハートヒルズ、電話83-6105