小児用B型肝炎予防接種が定期接種となります。

 B型肝炎予防ワクチンの接種につきまして、平成28年10月1日から、予防接種法に基づく定期接種として、接種する義務のある予防接種に位置づけられました。

 詳細は次のとおりになりますので、ご確認ください。

 

1.対 象 者:平成28年4月1日以降に生まれたお子様

       ※母子感染予防により接種が必要なお子様は保険内診療のため、今回の定期接種の対象になりません。

       ※接種日において真岡市内に住所を有していること

 

2.接種回数:1歳の誕生日の前日までに3回

       既に接種を開始されている場合は、不足分が定期接種の対象となります

 

3.接種方法:【1回目】生後2か月以降

       【2回目】1回目接種から27日以上の間隔をあけて1回

       【3回目】1回目接種から139日以上の間隔をあけて1回

           (標準的には、生後2か月~8か月)

 

4.接種費用:無 料

  

5.案内方法:4~8月までに生まれたお子様については、9月に個別通知いたしました。

       9月以降に生まれるお子様については、出生手続き時に予診票をお渡しいたします。

6.接種方法:かかりつけの医療機関に予約の上、接種してください。

       市外の医療機関で接種される場合には、市役所健康増進課までご連絡ください。