自転車安全利用五則を守って自転車に正しく乗りましょう 

 自転車は便利な乗り物である一方で、交通ルールを守らないと、交通死亡事故を引き起こすこともあります。自転車に乗る人は、安全運転のルールである、自転車安全利用五則を守り、安全運転を心掛けましょう。

 ※自転車も違反内容によっては、道路交通法罰則規定が適用される場合があります。

自転車利用五則

①自転車は、車道が原則、歩道は例外

②車道は左側を通行

③歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

④安全ルールを守る

⑤子どもはヘルメットを着用

 

 

 ①自転車は、車道が原則、歩道は例外

 道路交通法では、自転車は「軽車両」に分類され、車と同じ「車両」の一種です。歩道と車道の区別がある道路では車道の左端、歩道も路側帯もない道路では、道路の左端に寄って通行しなければなりません。歩行者用路側帯を除き、自転車は路側帯を通行することができますが、歩行者に迷惑を掛けないよう通行しなければなりません。

     
 ▲自転車が通行できる路側帯  ▲自転車が通行できる路側帯  ▲自転車が通行できない路側帯

 

 車道に「普通自転車専用通行帯」、「自転車道」があるときは、自転車はそこを通行しなければなりません。

▲普通自転車専用通行帯の道路標識 ▲普通自転車専用通行帯の標識

 

 ②車道は左側を通行

 自転車は車道の左端に寄って通行しなければなりません。右側通行は非常に危険であり、禁止されています。

 

 

 

 

 

③歩道は歩道者優先で、車寄りを徐行

  歩道は歩行者優先ですが、次の場合は自転車も歩道を通行できます。自転車は車道の左端に寄って通行しなければなりません。右側通行は非常に危険で、禁止されています。

 「歩道通行可」の標識・標示がある場合や、車道で道路工事をしていたり、道幅が狭くて車が多いなど、車道通行が危険な場合。

 「歩道通行可」の標識や道路標示がない場合でも、13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、身体が不自由な方が運転する場合や、歩道の道幅が原則3メートル以上の自転車歩行者道を通行する場合。

▲「歩道通行可」の道路標識 ▲「歩道通行可」の標識

 

 自転車が歩道を通行するときは、すぐに止まれる速度で車道寄りを通行します。また、歩行者の通行を妨げる場合には一時停止しなければなりません。

▲自転車が歩道を通行するとき

 

④安全ルールを守る

飲酒運転は禁止

 見落としが増えたり、危険に対する反応が遅れたりするなど、飲酒が安全運転に及ぼす悪影響は、自動車を運転する場合と同じです。飲酒運転は法律で禁止されています。

並進は禁止

 「並進可」の標識がある道路では、2台まで並んで走ることができますが、それ以外では並進することはできません。

二人乗りは禁止

 荷台などに人を乗せて運転すると、バランスを崩して転倒したり、ふらついて進路を乱し、事故を招いたりする危険があります。自転車の前後に取り付けた幼児用座席に幼児を乗せる「三人乗り」も、例外を除いて禁止されています。

 ※例外的に認められる二人(三人)乗りの例                                   

  ①16歳以上の者が6歳未満の者一人を幼児用座席に乗せる。
  ②十分な強度やブレーキ性能があるなどの要件を満たす自転車の前後に幼児用座席が備えられ、16歳以上の者が6歳未満を乗せる場合は、三人乗りが可能。

夜間はライトを点灯

 夜間は、前照灯および尾灯(または反射器材)をつけなければいけません。自転車のライトは、他車(者)に対して自転車の存在をアピールする役目もあり、暗闇のなかライトをつけずに通行していると、車のドライバーなどから見落とされ、事故を招く危険性が高くなります。 

交差点での一時停止と安全確認

 交差点は、自転車事故が発生する危険性が特に高い場所です。「止まれ」の標識がある交差点では、必ず一時停止をしなければなりません。「止まれ」の標識がない交差点や、見通しの悪い交差点では徐行し、左右をよく見て安全確認をします。

 信号は必ず守る

 「歩行者・自転車専用信号機」があるところでは、その信号に従い通行しましょう。
 右折するときは、青信号で向こう側まで進んで止まり、右に向きを変えて、正面の信号が青になってから進行します。

 

⑤子どもはヘルメットを着用

 児童・幼児の保護者は、子どもが自転車を運転するときや、幼児を自転車に乗せるときは、子どもにヘルメットを着用させましょう。幼児のケガの多くは、頭部や顔のケガであり、一歩間違えると致命傷になりかねません。また、子どもは体重に対して頭部が重いため、運転中に転倒しやすく、頭部へのダメージを受けやすい傾向があります。

   

こんな自転車運転も違反です

 携帯電話を使いながらの運転、傘をさしながらの運転、ヘッドホンで音楽などを聴きながら運転など、これらの運転は安定を失い、視野を妨げたりする危険な行為なので、絶対にやめましょう。

自転車はきちんと点検しましょう

 ブレーキが効かない、ライトがつかない、タイヤが著しくすり減っているといった整備不良の自転車を運転することは、大変危険です。運転する前に、修理をしましょう。また、定期的な安全点検をしてもらうことも大切です。