固定資産税は、毎年1月1日現在で土地、家屋、償却資産を所有している人がその固定資産の所在する市町村に納める税金です。

 

 1 納税義務者

 毎年1月1日現在で固定資産課税台帳で所有者として登録されている方。

 

 2 税額

 

 課税標準額×税率=税額

 原則として固定資産課税台帳に登録された価格が課税標準額となり、税率は1.4%(標準税率)です。

 

3 免税点

 同一人物が所有する固定資産のそれぞれの課税標準額の合計が次の金額に満たない場合は、固定資産税は課税されません。

  • 土地 30万円  
  • 家屋 20万円  
  • 償却資産 150万円

 

4 住宅用地に対する課税標準額の特例(住居の用に供されている土地)

 「住宅用地の特例措置」参照

 

5 家屋の評価

 家屋の再建築価格を評価します。再建築価格とは評価の対象となった家屋とまったく同じものを評価の時点で新築するものとした場合の価格です。

 

6 新築住宅に対する減額措置

 「新築住宅の軽減措置」参照

 

7 課税台帳の縦覧

 固定資産課税台帳は、毎年4月1日から最初の納期限の日まで、市役所で土地又は家屋の納税者の方に縦覧しています。

 「土地・家屋価格等課税台帳の縦覧」参照