縦覧制度とは、納税者(納税義務者のうち免税点未満で課税されない人を除く)ご本人の固定資産の価格が適正か判断するために、比較したい土地又は家屋の価格を縦覧帳簿で確認していただく制度です。

 土地価格等縦覧帳簿は、真岡市内に所在する土地に対して課する固定資産税の納税者の方に、家屋価格等縦覧帳簿は、真岡市内に所在する家屋に対して課する固定資産税の納税者の方に、比較したい土地又は家屋の地番を指定していただき、縦覧期間中に限り見ていただくことができます。

 《縦覧方法》

土地価格等縦覧帳簿 所在・地番・地目・地積・価格が記載されています。
家屋価格等縦覧帳簿 所在・家屋番号・種類・構造・建築年・床面積・価格が記載されています。
縦覧期間 通常4月1日から最初の納期限の日までの午前8時30分~午後5時15分(ただし土・日・祝日を除く)
縦覧場所 真岡市総務部税務課固定資産税係(本庁1階)
縦覧できる人 ・真岡市内に所在する土地又は家屋に対して課する固定資産税の納税者及びその同一世帯で生計を一にする親族
・納税管理人
・納税者の委任を受けた代理人(委任状持参)
持参するもの ・印鑑
・納税通知書又は運転免許証等ご本人であることを証明できるもの

固定資産評価審査委員会への

審査申し出期間

4月1日から納税通知書の交付を受けた日後3か月まで
※この制度は、納税者が自己の所有する土地または家屋の価格が適正か判断するためのものですから、それ以外の目的と思われる場合は、縦覧をお断りする場合がありますのでご了承ください。
※縦覧期間以外は、土地・家屋価格等縦覧帳簿の公開は一切できませんのでご了承ください。

◎なお、納税義務者ご本人の課税台帳(名寄帳)は、閲覧制度でご覧になれます。