ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

水道課からのお知らせ

安全で安心な水道水をご利用ください。

 真岡市の水道水は、地下水と、一部は鬼怒水道用水供給事業者(栃木県企業局所管)から受水した水を水源としています。

  •  地下水については、市民の皆さまに清浄でおいしく、豊富で安全な水をお届けするため、水道法に定められた項目・回数の水質検査と、すべての浄・配水場について定期的に放射性物質の測定検査を実施し、安全性を確認して、その結果を公表しています。

 

   定期水質検査結果  www.city.moka.tochigi.jp/7,0,21,167.html

   放射性物質測定結果 www.city.moka.tochigi.jp/7,5452,13,94.html
   月1回第1火曜日を原則に市内9箇所の浄水場で測定
    

 

  • 鬼怒水道用水については、浄水済みで、飲料水としての安全性が確認された水を受水しています。

 

   参考ホームページ(栃木県企業局) www.pref.tochigi.lg.jp/j04/02.html

 

 水道が利用できる地域にお住まいの方は、安全で安心な水道水をご利用ください。

 

水道の利用に関することは、次のページをご覧ください。

 

 

 

健康のために水を飲みましょう。

 体の中の水分が不足すると、熱中症、脳梗塞、心筋梗塞など、さまざまな健康障害の危険要因となります。

 健康のため、こまめに水を飲みましょう。

 

  参考ホームページ(厚生労働省:健康ため水を飲もう推進運動)

   www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/ 

 

問い合わせ  水道課庶務係(電話 0285-83-8167)

ページの先頭ページの先頭へ

 

冬場に備えた水道管の防寒対策について

 冬場は、寒さで水道メーターが凍結して割れてしまったり、宅地内の水道管(給水管)が破裂してしまったりすることがあります。

 

 水道メーターや水道管を凍結させないために、次のような防寒対策を行ってください。
  • 水道メーターボックス内に新聞紙や毛布などを詰める 。

  このとき、水道メーター本体は、隠れないようにしてください。

  • 露出している水道管や蛇口に布などを巻く 。
  • 夜間は蛇口から微量の水を出しておく。

  

 万が一、凍結してしまった場合は、凍った部分にタオルをかけ、その上から、ぬるま湯をゆっくりかけてください。

 熱湯をかけると水道管が破裂することがありますので、ご注意ください。

 

 

問い合わせ  水道課庶務係(電話 0285-83-8167)

ページの先頭ページの先頭へ

 

災害への備えについて

 災害により断水が発生した場合、水道課では速やかに応急給水や復旧作業に取り組みますが、復旧するまでには時間がかかります。給水を受けるまでに役立つのが「くみ置きした水」です。

 

  • 人が生きるためには、1日に3リットルの飲料水が必要といわれています。備蓄は3日分が目安とされていますので、1人当たり約10リットルを目安に、ペットボトルやポリタンクなどに備蓄しておきましょう。

   参考ホームページ(水道のQ&A) くみ置きした水は何日くらい飲めるの?

 

  • 生活用水は「お風呂の残り水」を利用しましょう。お風呂に入った後、浴槽の水をすぐに抜かずに貯めておき、次に入るときに水を入れ替えるようにすれば、お風呂の水を水洗トイレなどの雑用水として利用することができます。

ページの先頭ページの先頭へ

 

浄水器の使用について

 水道水には、細菌などによる汚染を防ぎ、安心して飲むことができるように、蛇口から出る水1リットル中に0.1ミリグラム以上の塩素が残っていることが水道法によって定められていますが、浄水器の中には、この残留塩素を水道法で定める基準値以下の濃度にまで除去するものがあるようです。

 このような場合、配管の状況や使用状態等によっては、蛇口から出る水が細菌などによって汚染されることが懸念されますので、取扱説明書に従ってカートリッジ交換等の定期的なメンテナンスを行い、衛生管理の徹底をお願いします。

 なお、メーカーによって取り付け方法が異なりますが、給水管を切断して取り付ける浄水器(元付け型浄水器)を使用するときは、給水装置を改造することになるため、市水道課に給水装置工事(改造工事)の申し込みが必要になり、この場合、真岡市指定給水装置工事事業者(ホームページはこちら)以外が行う取付工事は、不正工事になりますのでご注意ください。

 

 問い合わせ  水道課庶務係(電話 0285-83-8167)

ページの先頭ページの先頭へ

 

水道メーターボックスの上に物を置かないで!

 水道メーターボックスの上に物を置いたり、車を止めたりしないでください。

 また、ペットを飼っていらっしゃるお客様は、検針月にはペットを水道メーターボックスの近くに繋がないでください。

 検針員が検針できない場合がありますので、ご協力をお願いいたします。

 

問い合わせ  水道課庶務係(電話 0285-83-8167)

ページの先頭ページの先頭へ

 

私有地における水道配管等の情報開示について

 私有地における給水装置(水道配管等)の情報開示につきましては、個人情報保護の点から、公共事業を除き次のように取り扱いますので、ご了承ください。

 

個人情報になるもの
  • 私有地内の配管、分水取出し状況(管種、口径を含む)等に関すること
  • 給水申込み内容に関すること

 

情報開示の際にご提示いただくもの
  • 給水装置の所有者本人の場合

身分証明書(運転免許証等)

  • 所有者の代理人、又は調査依頼を受けた方の場合

身分証明書(運転免許証等)

所有者の委任状

 開示する図面は、閲覧のみとさせていただき、コピーサービスは行っていません。

  

情報を開示する日時

 月曜日から金曜日まで(ただし、祝日を除く。)の午前8時30分から午後 5時まで

 

注意事項

 閲覧目的、閲覧箇所によっては、情報開示をお断りする場合がありますので、予めご了承ください。

 

不明な点は担当係まで
  • 給水管に関すること

水道課庶務係(電話 0285-83-8167)

  • 配水管に関すること

水道課工務係(電話 0285-83-8168)

ページの先頭ページの先頭へ

 

水道に係る悪質業者にご注意を!

 水道課では、定期的な水道メーターの交換(詳細はこちら)を除き、蛇口などの器具類の交換や販売、各家庭の水道管の清掃などは行っていません。

 少しでも、「おかしいな?」と思ったら、その場で契約せず、すぐにお問い合わせください。

 なお、市の委託を受けて水道メーター交換、各種調査等を行っている業者は、市が発行した「身分証明書」を携帯していますので、ご不審な点がありましたら提示を求めてください。

 

問い合わせ

水道課庶務係 (電話 0285-83-8167)

真岡市消費生活センター(ホームページはこちら) (電話 0285-84-7830【ハナシテナヤミナシ】)

ページの先頭ページの先頭へ

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

 印刷 - 水道課からのお知らせ  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる

真岡市役所
〒321-4395 栃木県真岡市荒町5191番地
電話 0285-82-1111(代表)

Copyright 2012 © Moka City. All Rights Reserved.