住民ネット第2次サービス(2003年8月25日から)
住基カードの発行が開始されました。

 

住民票の写しの広域交付

真岡市以外の市区町村でも自分の住民票の写し(本籍の表示を省略したもの)が取れるようになります。 
 

 

 住民基本台帳ネットワークシステムを活用して、全国の市町村間で住民票の情報のやり取りができるようになり、全国どこの市町村でも、住民基本台帳カード、運転免許証などを市町村の窓口で提示することによって、本人や世帯の住民票の写しの交付が受けられるようになります。
 

 

 

転入転出手続の簡素化

住民基本台帳カードの交付を受けている場合、転出届を郵送で行うことにより、
引越の手続で窓口に行くのは転入時1回だけで済みます。 
 

 

 引越の場合には、まず、住んでいる真岡市に転出届を行い、事前に転出証明書の交付を受けた上で、引越先の市町村に転入届を行う必要があります。
 住民基本台帳カードの交付を受けている場合は、確実な本人の確認ができるため、一定の事項を記入した転出届を郵送で行い(この場合の転出届は近い将来、インターネットで行うことも可能となる予定です)、住民基本台帳カードを引越先の市町村の窓口で提示することによって、引越の場合に窓口に行くのを転入時の1回だけで済むようになります。

 

希望者に住民基本台帳カードを交付 

 住基ネット端末において、住民基本台帳カードに記録された住民票コードで本人確認情報を検索し、本人確認が可能 となります。 このことは、本人確認情報の提供又は利用,住民票の写しの広域交付,転入転出手続の簡素化の際に活用されます。公的個人認証サービスの秘密鍵、電子証明書等の保存用カードとして活用可能です。本人確認の必要な窓口で、公的な身分証明書として利用することができます。