世帯内に異動があったときは、14日以内に国保に届け出てください。

国保に加入するとき

こんなとき

届出に必要なもの

届け出先

ほかの市区町村から転入したとき

(職場の健康保険に加入していない場合)

  • ほかの市区町村の転出証明書
  • 印かん

市民課

職場の健康保険をやめたとき

  • 職場の健康保険をやめた証明書
  • お届けに来る方の身分証明書(運転免許証など)
  • 印かん
  • 年金手帳(60歳未満の方)

国保年金課

職場の健康保険の

被扶養者でなくなったとき

  • 被扶養者でなくなった証明書
  • お届けに来る方の身分証明書(運転免許証など)
  • 印かん
  • 年金手帳
    (配偶者の扶養に入っていた60歳未満の方)

国保年金課

子どもが生まれたとき

  • 被保険者証
  • 母子健康手帳
  • 印かん

市民課

生活保護を受けなくなったとき

  • 保護廃止連絡票
  • 印かん

福祉課

外国籍の人が加入する時

(住民登録されている方のみ)

  • 外国人登録証明書
  • パスポート

国保年金課

加入の届け出が遅れると
  • 保険証がないため、その間の医療費は全額自己負担となります。
  • 保険税は、加入の届け出をした日からではなく、加入資格を得た月まで、さかのぼって納めなければならなくなります。(遡及賦課)

 

国保をやめるとき

こんなとき

届出に必要なもの

届け出先

外の市区町村に転出するとき

  • 被保険者証
  • 印かん

市民課

職場の健康保険に加入したとき

  • 国保と職場の健康保険の両方の被保険者証
    (後者が未交付の場合は加入を証明するもの)
  • 印かん

国保年金課

職場の健康保険の

被扶養者になったとき

国保の被保険者が死亡したとき

  • 被保険者証
  • 死亡を証明するもの
  • 印かん

市民課

生活保護を受けるようになったとき

  • 被保険者証
  • 保護開始連絡票
  • 印かん

福祉課

 

 

 

喪失の届け出が遅れると
  • 国民健康保険を使って医療を受けてしまった場合は、国保が負担した医療費はあとで返していただきます。
  • ほかの医療保険に入っていても、国保をやめる届け出をしないと保険税が課税されますので、知らずに二重に払ってしまうことがあります。

 

こんなときも届け出を

こんなとき

届け出に必要なもの

届け出先

退職者医療制度の対象となったとき

 

→詳しくは退職者医療について

  • 被保険者証

  • 年金証書

  • 印かん

国保年金課

市内で住所が変わったとき

  • 被保険者証

  • 印かん

市民課

世帯主や氏名が変わったとき

世帯が分かれたり、一緒になったとき

修学のため、別に住所を定めるとき

  • 被保険者証

  • 在学証明書又は学生証

  • 他市町村住民票

  • 印かん

市民課

被保険者証をなくしたとき

(あるいは汚れて使えなくなったとき)

→詳しくは保険証の再交付

  • 被保険者証

  • 身分証明書

  • 印かん

国保年金課