「暑すぎる夏」や「桜の開花が早くなる」など、私たちの身近なところで、すでに地球温暖化の影響が出ています。2005年2月に京都議定書が発効し、日本は、2008年から2012年の平均値で、1990年比で温室効果ガスを6%削減することを約束しました。しかし、オフィスなどの業務部門と家庭からの排出量は、大きく増加しています。エアコンやテレビといった電気製品の保有台数が増えたことと、鉄道やバスなどよりエネルギー消費の大きい自家用車の利用が増えていることが考えられます。

省エネルギー製品について

電気使用量の少ない製品を使用することは、地球に優しいだけでなく、電気代もお徳になります。エアコン、冷蔵庫、テレビなど家庭で使用する製品を中心に、「省エネラベル」により省エネ性能がしめされています。

詳しくは経済産業省資源エネルギー庁のホームページを参照してください。パンフレットなど掲載されてます。

省エネラベルに注目

製品購入の判断に、省エネ性能を加えましょう。本体の購入価格だけで判断するのではなく、使用年数の電気料金を含めたトータル金額で判断してはいかがですか。最近は家電製品小売店の広告にも省エネラベルが掲載されています。1年間使用した場合の目安電気料金を計算する場合は、年間消費電力量×22円で計算してみてください。
省エネ製品は、電気量等を減らし、地球温暖化防止にも役立ちます。地球にやさしい、家計にやさしい省エネ製品の使用を考えてください。