児童虐待が増えています。
「もしかして、虐待?」と思ったら、ためらわずにご連絡ください。

 

児童虐待の種類

児童虐待とは、保護者(親、または親にかわる養育者)が、子どもの心身を傷つけ、健やかな成長・発達を損なう行為です。

虐待の種類は次の4つに分類されます。

 

身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせるなど

 

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にするなど

 

ネグレクト(育児放棄)

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かないなど

 

心理的虐待

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス)など

 

児童虐待の影響

児童虐待は心身の発育・発達に重大な影響を及ぼします。

 

体罰は取り返しのつかない事故を引き起こす

当り所が悪くて、失明させてしまった親がいます。

この家族はこの深刻な結果をこれから一生背負っていかなくてはなりません。

 

子どもも暴力をふるうようになる

思春期になって親に暴力をふるって仕返ししたり、大人になって自分の子どもに暴力をふるうことがあります。

 

体罰はエスカレートしていく

体罰で子どもの行動をコントロールしようとして、最初はゲンコツで頭を突いただけなのに、その効果が薄くなってくると、何が何でも親の思うとおりにさせなければとエスカレートして、いっそう激しい体罰を加える傾向があります。

 

子どもの発達が遅れる

体罰を使っている親の子どもは、ことばや社会性の発達、すなわち人と交わる能力の発達が遅れることがあります。

 

子どもが暴力を受け入れてしまう

体罰を日常的に受け入れていると、暴力を受けても仕方がないとあきらめてしまい、自己評価が低くなったり、助けを求めることができなくなってしまう場合があります。

 

体罰に代わるしつけの方法

体罰に代わる方法としていくつか有効なものを例示しましたので、ご活用ください。

 

子どもから離れる

子どもを叩きたくなるほど感情が高ぶった時は、子どもからすぐに離れましょう。一時的に距離をとることで、親の気持ちを静めて冷静になれる時間をとることが有効です。

 

主導権争いをしない

子どもが横柄な態度をとった時や反抗した時に、感情的に押さえ込もうと権力争いをせずに、そういう争いには興味がないと子どもに知らせましょう。

 

自分の気持ちを言葉で伝える

子どもの行動を責めるのではなく、その行動の結果「私は悲しい、残念だ」などと親の気持ちで始まる1メッセージを送りましょう。

 

肯定的メッセージを送る

「○○を投げるのはやめなさい」と否定的メッセージではなく、「○○をお母さんの手にちょうだい」と肯定的メッセージで伝えましょう。

 

ルールを決めておく

家庭内で破ってはならないルール(ただし、守れるルールを3つ程度)を子どもと一緒に決めましょう。

また、ルール違反があったらどうするかも決めておきましょう。

 

子どもの気持ちに共感する

子どもの気持ちに耳を傾け、子どもの行動の背後にある気持ちを、子ども自身が言葉で表現できるように手助けをしてあげましょう。

 

児童虐待通報・連絡先

真岡市 健康福祉部 児童家庭課

電話 0285‐82‐1113

月曜日~金曜日 午前8:30~午後5:00

 

栃木県中央児童相談所

電話 028‐665‐7830

24時間受付

 

※緊急のときは、迷わず警察へ110番してください!