公共下水道の工事が終わりますと、汚水を流し始めてもよい区域や日にちなどを市の広報でお知らせします。

汚水を公共下水道に流すためには、まず排水設備が必要となります。
排水設備とは、市がそれぞれの宅地内に設置する公共桝(ます)と便所や台所などを結ぶ宅地内の排水管のことです。
公共桝の設置までは市が行いますが、排水設備の工事は、ご自分で真岡市排水設備指定工事店に依頼して行ってください。この費用はご自分で負担していただくことになります。
このとき、次のことにご注意ください。

  • 雨水は流さないでください。
  • 真岡市排水設備指定工事店でないと工事できません。
  • 排水設備は、ご自分で管理していただきます。

一日も早く公共下水道をお使いになって、清潔で快適な生活をお楽しみください。