真岡市水処理センターの写真

名称 真岡市水処理センター
所在 〒321-4334 真岡市八木岡1309番地
敷地面積 44,625平方メートル
工事期間 昭和54年7月5日から
供用開始 昭和58年3月24日
水処理方法 標準活性汚泥法
汚泥処理方法 分離濃縮消化脱水
放流先 五行川

 

汚水ポンプ

各家庭から下水管を通ってセンターの沈砂池に入ってきた汚水(流入水)を、最初沈殿池にくみ上げます。

汚水ポンプの写真
送風機

エアレーションタンクに空気を送ります。微生物はこの空気で呼吸しています。

送風機の写真
最初沈殿池

汚水中の沈みやすい汚れ(固形物)を、ゆっくり流すことで下に沈め、除去しています。

最初沈殿池の写真
エアレーションタンク

最初沈殿池で沈みやすい固形物を取り除いた水と、活性汚泥(微生物を含んだ泥)を混ぜている池です。標準活性汚泥法により水をきれいにしています。

エアレーションタンクの写真
最終沈殿池

活性汚泥(微生物を含んだ泥)をゆっくり沈殿させ、きれいになった上澄み水を流しています。

最終沈殿池の写真
重力濃縮槽

最初沈殿池からの固形物(生汚泥)と最終沈殿池からの活性汚泥をここに投入し、沈んだ汚泥を下から抜き取っています。抜き取った汚泥は常圧浮上装置へ送り、上澄み水は沈砂池に戻ります。

重力濃縮槽の写真
常圧浮上濃縮装置

重力濃縮槽からきた汚泥を、薬品を使ってさらに濃縮しています。濃縮した汚泥は消化槽に送り、汚泥から分離した水は沈砂池に戻ります。

常圧浮上濃縮装置の写真
消化槽

タンク内を37度程度に保温し、微生物の働きで濃縮汚泥中の有機分を液化・ガス化することで、さらに減量化させています。

消化槽の写真
遠心脱水機

消化槽から送られてきた汚泥を、薬品を使って水分を取り除き固形物状(脱水ケーキ)にしています。脱水ケーキは搬出して、焼却処理や肥料化しています。

遠心脱水機の写真
ガスタンク

消化槽で出たメタンガスを溜めています。メタンガスは、消化槽の加温や暖房に使われます。

ガスタンクの写真