遺族基礎年金について 

 遺族基礎年金は、国民年金に加入している方、又は加入していた方が死亡したとき、その方に生計を維持されていた「子ある妻」または「子」に支給されます。

受給条件

次のいずれかに該当する方が死亡したときに受けられます。

  1. 国民年金に加入している方
  2. 国民年金に加入していた60歳以上65歳未満の方で、日本国内に住所がある方
  3. 老齢基礎年金を受けている方
  4. 老齢基礎年金の受給資格期間(納付・免除合わせて25年)を満たしている方
     

※ただし、1または2に該当する方は、死亡月の前々月までの加入期間のうち、保険料を納めた期間と免除を受けた期間を合わせた期間が3分の2以上あること。また死亡月の前々月までの1年間に保険料の未納がないことが必要です。

受けられる遺族
  • 妻・・・18歳になる年の年度末を迎えていない子、または20歳未満で障がいの状態が1級、2級の子と生計を同じくしている妻
  • 子・・・18歳になる年の年度末を迎えていない子、または20歳未満で障がいの状態が1級、2級の子

    関連リンク:日本年金機構