障がい者になったとき  

  
 国民年金加入中や、満20歳になる前に障がい者になったときには、障がいの程度により障害基礎年金が受けられます。

 障害基礎年金は、病気やケガで、初めて医者の診療を受けた日に国民年金に加入していた方で、1級又は2級の障がいの状態にあり、国民年金加入期間のうち、3分の2以上保険料を納めていた方に支給されますが、現在は医者の診療を受けた日に属する月の前々月までの1年間に保険料の滞納がなければ支給されます。
 なお、障害基礎年金の請求については、診療経過等お聞きしなければならないことがありますので、本人またはご家族が国保年金課または二宮支所に相談にお越しください。


 関連リンク:日本年金機構