交通事故など、第三者から受けたけがや病気については、加害者が全額を負担するのが原則ですが、一時的に国保で医療費を立て替えることができます。
 その場合、国保があとで加害者に請求をしますが、加害者から治療費を受け取ったり、示談を受けてしまうと国保は使えません。
 国保を使って診療を受けるときは、国保年金課へ「第三者行為による被害届」を提出してください。

届出に必要なもの