会社などを退職して年金(厚生年金など)を受けられる65歳未満の人とその家族(被扶養者)は、「退職者医療制度」で医療を受けることになります。
 自己負担額や保険税は一般の被保険者と同じです。

※この制度は、平成26年度末で廃止となりましたが、現在、既に退職者医療制度の対象となっている方は、平成
 27年度以降も65歳になるまで対象となります。

対象となる人

 次の1~3に全てあてはまる人(退職被保険者本人)と、その被扶養者が対象となります。

  1.国保に加入している

  2.厚生年金や共済組合の老齢年金などを受けられる人で、その加入期間が20年以上、または40歳以降の加  
    入期間が10年以上ある

  3.年齢が65歳未満

 

加入の手続き

 退職者医療制度の資格は、年金の受給資格の発生した日からとなります。
 年金証書が届いた日から14日以内に年金証書・被保険者証を持って、国保年金課の窓口に届け出てください。
 「国民健康保険退職被保険者証」が交付されます。

 

退職から一般への切り替え

 退職者医療制度は65歳未満の人が対象になります。65歳になると一般被保険者に切り替わりますが、特に届け出は必要ありません。
 65歳の誕生月の末日まで退職被保険者証、翌月からは一般被保険者証を使ってください。
一般被保険者証は65歳の誕生月に郵送されますので、届いたらお手持ちの退職被保険者証と差し替えてください。