妊産婦の病気の早期発見や治療を促進し、保健の向上および福祉の増進を図ることを目的としています。

助成対象者

真岡市在住の妊婦

助成対象期間

母子健康手帳の交付を受けた月の初日から出産(流産)した月の翌月の末日までです。
母子健康手帳の交付を受ける前でも、妊娠に関する疾病(流産を含む)に限り、診療を受けた日から対象となります。 

登録方法

登録に必要なもの

  • 健康保険証
  • 印鑑

登録場所

市民課

助成対象範囲

保険診療が適用された医療費の自己負担分

対象外となるもの

  • 健康保険が適用にならないもの(薬の容器代、個室ベッド代、定期的に受ける健康診断、証明手数料など)
  • 入院時の食事療養費
  • その他の公費で賄われる医療費

申請方法

医療機関等に支払った保険診療の自己負担分を市へ申請し助成を受ける償還払い方式

申請場所

健康増進課健康支援係
二宮支所福祉国保窓口係

申請にあたっての注意事項

  1. 申請者記入欄を記入してからいずれかの方法で申請してください。
    • 受診者名、保険点数(保険分自己負担額)、負担割合、診療科目、医療機関名、診療日、入院・外来の別が明記されている医療領収書を、助成申請書の裏面に添付してください。助成申請書は医療機関別/月別/入院・外来別につき1枚必要です。 
    • 診療を受けた翌月の10日以降に医療機関で点数証明を受けてください。証明手数料は自己負担です。
       
  2. 1ヶ月の医療費については、以下に示す高額療養費にかかる自己負担月額の限度額を超えて支払ったときは、加入保険者から通知のある高額医療費決定(支払)書またはそのコピーを添付してください。また、家族療養附加金制度のある健康保険組合については、支給される給付金を差し引いて助成します。

高額療養費にかかる自己負担額の限度額

非課税世帯 35,400円
課税世帯標準報酬月額53万円未満の場合 80,100円+(医療費-267,000)×1%
課税世帯標準報酬月額53万円以上の場合 150,000円+(医療費-500,000)×1%

  1. 領収証の原本が必要な場合は、申請の際に領収書の原本と一緒にコピーしたものを提出してください。原本は返却いたします。
     
  2. 助成金の請求は、診療日の属する月の翌月の初日から1年以内(診療月の翌年の同月まで)に申請してください。
    例:平成29年4月診療分は平成30年4月末日までが申請期間
     
  3. 郵送での申請の場合、封筒に切手を貼り、ご自分の住所氏名を記入して投函してください。消印日が受付日となります。郵送料はご本人の負担になります。重さにより郵送料はかわりますのでご注意ください。
     
  4. 助成申請書は、市役所健康増進課・市民課・二宮支所にて配布しています。真岡市ホームページからダウンロードできます。妊産婦医療費助成申請書はこちら [42KB pdfファイル]  申請者記入欄を記入した上でコピーをしても結構ですが、コピー後に押印してください。

     
  5. 助成金は、指定の口座(ゆうちょ銀行の場合は振込用の口座)へ申請した翌月25日に入金します。ただし、25日が土・日・祝日の場合は、26日または27日になりますので、ご了承ください。高額療養費に該当する場合、または書類に不備がある場合は、振り込みに1カ月以上かかることがあります。
     
  6. 次のような変更などがあった時はすみやかに届出してください。
  • 住所や氏名、加入保険、口座に変更があったとき
  • 転出などで資格がなくなったとき
  • 受給資格証をなくしたとき