ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

児童扶養手当

1 概要

 この手当は、父母の離婚、父または母の死亡などによって、父または母と生計を同じくしていない児童や、父または母が重度の障害の状態にある児童が心身ともに健やかに育成されることを目的として支給されるものです。

2 どのような人が手当を受けられるのか?

 次のいずれかに該当する18歳に達する日以後最初の3月31日まで(中度以上の障害を有する児童は20歳未満)の児童を監護している父または母、又は父または母に代わって児童を養育している人が、手当を受けることができます。
(外国人の方も支給対象となります。)

 1.父母が婚姻を解消した児童
 2.父又は母が死亡した児童
 3.父又は母が重度の障害の状態にある児童
 4.父又は母の生死が明らかでない児童
 5.父又は母に引き続き1年以上遺棄されている児童
 6.父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童  
 7.父又は母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
 8.母が婚姻によらないで出産した児童
 9.父母ともに不明である児童

3 次のような場合は支給されません。

  ※支給要件については、必ず事前にお問い合わせください

 (1)父または母が・・・・・

  ・婚姻しているとき。(この婚姻には、婚姻の届け出をしていないが生活を共にしているなどの事実上の婚姻関係にある場合も含みます。異性と同居している場合は事実上の婚姻関係と見なされる場合があります。)

 (2)児童が・・・・

  ・児童福祉施設などに入所したり、里親に委託されたとき。(児童養護施設・障害児施設等)

  
4 支給の額はどのくらいですか?

 児童扶養手当額は、毎年の消費者物価指数の変動に応じて手当額を改定する物価スライド制がとられています。

 平成28年全国消費者物価指数の実績値が前年比マイナス0.1%でありましたので、平成29年4月からの手当額が変更されます。 

《平成29年3月まで》 

児童数     全額支給 一部支給
児童1人のとき 42,330円 42,320円~9,990円
児童2人のとき 10,000円を加算 9,990円~5,000円を加算
児童3人以上のとき

3人目以降1人につき

6,000円を加算      

5,990円~3,000円を加算

《平成29年4月から》

児童数     全額支給 一部支給
児童1人のとき 42,290円 42,280円~9,980円
児童2人のとき 9,990円を加算 9,980円~5,000円を加算
児童3人以上のとき

3人目以降1人につき

5,990円を加算

5,980円~3,000円を加算

※一部支給の額は、請求者の所得に応じて変わります。
 

5 公的年金等との併給について

 これまで、公的年金等を受給している方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、児童扶養手当法の改正により、平成26年12月1日から、公的年金等の受給額が児童扶養手当の受給額を下回っている場合は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。                                        

6 所得の制限はありますか?

 請求者及び扶養義務者の前年の所得に応じ、下表のとおりその年度(8月から翌年の7月まで)の手当の支給区分(全部支給、一部支給、全部支給停止)が決まります。

●所得制限限度額表  

支給区分 請求者(本人) 扶養義務者
配偶者
養育者
全部支給 一部支給 全部支給停止 全部支給停止
扶養親族等の数  
0人 190,000円
未満
190,000円~ 
1,920,000円未満
1,920,000円
以上
2,360,000円
以上
1人 570,000円
未満
570,000円~ 
2,300,000円未満
2,300,000円
以上
2,740,000円
以上
2人 950,000円
未満
950,000円~ 
2,680,000円未満
2,680,000円
以上
3,120,000円
以上
3人 1,330,000円
未満
1,330,000円~ 
3,060,000円未満
3,060,000円
以上
3,500,000円
以上
4人以上 以下380,000円
ずつ加算
以下380,000円
ずつ加算
以下380,000円
ずつ加算
以下380,000円
ずつ加算

※請求者が父または母の場合は、受け取った養育費の8割が所得に算入されます。                         ※扶養義務者とは、民法第877条第1項に定める者(直系血族及び兄弟姉妹)です。

7 請求の手続き

 手当を受ける場合には、請求の手続きが必要になりますので、児童家庭課へお問い合わせください。
 

8 手当の支給

 提出書類を審査、認定を受けることにより支給されます。
 認定を受けた場合には、請求した日の属する月の翌月分から支給され、4月、8月、12月の年3回、支払月の前月までの分が、指定した金融機関の口座へ振込まれます。

9 現況届(児童扶養手当の認定を受けている方)

 手当を引き続き受給するために、毎年8月1日から8月31日までの間に現況届を提出することが義務づけられています。
 なお、所得が限度額を超え、手当が全部支給停止となっている方も現況届の提出が必要です。
 ※この提出がない場合は、手当が支給されません。また、2年間提出が無い場合は時効により資格喪失となります。

10手当額の一部支給停止について(児童扶養手当の認定を受けている方)

 手当の支給開始月から5年または、支給要件に該当した月から7年を経過したときは、手当額の一部が支給停止の対象となります。ただし、就業、求職活動中などの場合は、定められた期間内に届出を行えば、一部支給停止の適用除外となります。該当者には事前にお知らせを送付いたしますので、手続きをお願いします。

 

 

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

 

 印刷 - 児童扶養手当  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる

真岡市役所
〒321-4395 栃木県真岡市荒町5191番地
電話 0285-82-1111(代表)

Copyright 2012 © Moka City. All Rights Reserved.