残さずに食べて食品ロスを減らそう!

 日本では、1年間に約621万トン※の食品ロス(食べられるのに捨てられてしまう食品)が発生していると推計されています。
 そこで栃木県では、食品ロスを削減する取り組みとして、「とちぎ食べきり15(いちご)運動」を実施することになりました。

※農林水産省平成26年度推計値

 

とちぎ食べきり15(いちご)運動の内容

 宴会開始の15分間と終了前の15分間を「食べきり15(いちご)タイム」として、自分の席でおいしく料理を食べるようお願いします。

 詳しくは栃木県のホームページをご覧ください。

  とちぎ食べきり15(いちご)運動 (栃木県HPへのリンク)