道路交通法が一部改正されます

平成29年3月12日に道路交通法が一部改正される予定です。

今回の改正では、75歳以上のドライバーが免許更新する際の一連の手続きにおいて、認知症と診断された場合、免許取消しや停止等の措置が取られることとなりました。

また、75歳以上のドライバーが一定の違反をした際は、免許更新時期に関係なく認知機能の検査を受け、認知症との診断を受けた場合は、免許取消しや停止等の措置が取られることとなりました。

詳しくは以下のとおりです。

70歳から75歳未満のドライバーは・・・

免許証を更新するためには、更新期間満了日の前6ヶ月以内に高齢者講習を受けなければなりません。

高齢者講習に掛かる時間は、現行の3時間から2時間に短縮されます。手数料は4,650円です。

75歳以上のドライバーは・・・

免許証を更新するためには、更新期間満了日の前6ヶ月以内に「認知機能検査」と「高齢者講習」を受けなければなりません。

改正後は、「認知症のおそれあり」と判断された方全員が専門医の診断を受け、診断書を提出しなければなりません。

また、信号無視や一時不停止、安全運転義務違反などの一定の交通違反をしたときは、「臨時認知機能検査」と「臨時高齢者研修」を受けなければなりません。

認知機能検査フローチャート

◆認知機能検査・・・時間30分、手数料650円

◆高齢者講習(上図①②)・・・時間3時間、手数料7,550円

◆高齢者講習(上図③)・・・時間2時間、手数料4,650円

◆臨時高齢者講習(上図④)・・・時間2時間、手数料5,650円