個人番号カードの交付について 

 個人番号カードは、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)がカードを作成後、市区町村の交付窓口に送付されます。また、制度が始まってすぐは、申請から交付までに数ヶ月かかる場合がありますので、確定申告などで電子証明書を利用される場合はご注意ください。
 個人番号カードの交付は、真岡市役所市民課又は二宮支所市民窓口係で交付します。交付の準備が整い次第、真岡市役所から「個人番号カード交付通知書」をはがきで送付します。「個人番号カード交付通知書」に交付場所が記載されていますので、確認の上、原則、本人が受け取りにきてください。
 ※15歳未満の人または成年被後見人には、その法定代理人が同行してください。

       

個人番号カードの受け取りについて 

 個人番号カードを受け取る際は、以下の書類等をご持参の上、「個人番号カード交付通知書」に記載された交付会場(真岡市役所市民課又は二宮支所市民窓口係)でお受け取りください。また、個人番号カードと住民基本台帳カードの両方を保有することはできませんので、住民基本台帳カードは有効期間内であっても返納することになります。
 (注)必要書類は原本をお持ちください。

1.交付申請者(本人)が来庁して受け取る場合 

(1)本市が送付した「個人番号カード交付通知書」
(2)通知カード(個人番号を記載した紙製のカード)
(3)住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
(4)本人確認書類(次の(ア)~(オ)のうち、いずれか1つの方法で本人確認を行います。)  
   本人確認書類の種類については、「4.個人番号カード受取時の本人確認書類一覧」を参照ください。
   (ア)「A書類2点」
   (イ)「A書類1点+B書類1点」
   (ウ)「A書類1点+口頭質問による本人確認」
   (エ)「A書類1点+回答書」
   (オ)「B書類2点+回答書」
    (注)B書類2点のうち1点は官公署の発行した本人確認書類が必要です。
    (注)「回答書」とは、「個人番号カード交付通知書」の回答書欄を記入したもの(氏名は自署または記名押印)


2.交付申請者が15歳未満の者及び成年被後見人の場合で、法定代理人が交付申請者(本人)と一緒に来庁して受け取る場合
 ※法定代理人だけでなく、15歳未満の者及び成年被後見人(本人)もご来庁ください。

(1)本市が送付した「個人番号カード交付通知書」
(2)通知カード(個人番号を記載した紙製のカード)
(3)住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
(4)法定代理人の代理権 を証明する戸籍謄本その他資格を証明する書類
   ただし、本籍地が真岡市の場合、戸籍謄本の添付は不要です。
(5)本人の本人確認書類(次の(ア)~(オ)のうち、いずれか1つ)
   本人確認書類の種類については、「4.個人番号カード受取時の本人確認書類一覧」を参照ください。
   (ア)「A書類2点」
   (イ)「A書類1点+B書類1点」
   (ウ)「A書類1点+口頭質問による本人確認」
   (エ)「A書類1点+回答書」
   (オ)「B書類2点+回答書」
   (注)B書類2点のうち1点は官公署の発行した本人確認書類が必要です。
   (注)「回答書」とは、「個人番号カード交付通知書」の回答書欄を記入したもの(氏名は自署または記名押印)
(6)法定代理人の本人確認書類(次の(ア)~(ウ)のうち、いずれか1つ)
   本人確認書類の種類については、「4.個人番号カード受取時の本人確認書類一覧」を参照ください。
   (ア)「A書類2点」
   (イ)「A書類1点+B書類1点」
   (ウ)「A書類1点+口頭質問による本人確認」


3.法定代理人以外の代理人が来庁して受け取る場合

 病気、身体の障がい等やむを得ない理由により本人が来庁できない場合は、代理人に個人番号カードを交付することができます。また、仕事・学業が多忙なため本人が来庁できないといった理由は、やむを得ない理由と認められておらず、委任を行うことができませんのでご注意ください。
(1)本市が送付した「個人番号カード交付通知書」
   申請者本人が記載した暗証番号部分に目隠しシールを貼付して、代理人にわからないようにして提出してください。目隠しシール は、「個人番号カード交付通知書」表面の目隠しシールをお使いいただけます。また、暗証番号の入力は、市職員が行います。
(2)通知カード(個人番号を記載した紙製のカード)
(3)委任状等、交付申請者(本人)が代理人を指定した事実を確認できる書類
   委任状は「個人番号カード交付通知書」 の委任状欄に必要事項を記入したもの。
(4)交付申請者(本人)の来庁が困難であることを証明する書類
   診断書・障害者手帳・本人が施設等に入所している事実を証する書類など。
(5)住民基本台帳カード(お持ちの方のみ) 
(6)本人の本人確認書類(次の(ア)~(ウ)のうち、いずれか1つ)
   本人確認書類の種類については、「4.個人番号カード受取時の本人確認書類一覧」を参照ください。
   (ア)「A書類2点」
   (イ)「A書類1点+B書類1点」
   (ウ)「B書類3点」
    (注)B書類3点のうち1点は官公署発行の顔写真付きの本人確認書類が必要です。
(7)代理人の本人確認書類(次の(ア)~(ウ)のうち、いずれか1つ)
   本人確認書類の種類については、「4.個人番号カード受取時の本人確認書類一覧」を参照ください。
   (ア)「A書類2点」
   (イ)「A書類1点+B書類1点」
   (ウ)「A書類1点+口頭質問による本人確認」 

 
4.個人番号カード受取時の本人確認書類一覧
  • A書類(官公署の発行した顔写真付きの本人確認書類)
    住民基本台帳カード、旅券、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書。
     
  • B書類(官公署等の発行した本人確認書類等)
    健康保険証、介護保険証、後期高齢者医療被保険者証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、生活保護受給者証、医療受給者証、こども医療費受給資格証、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、預金通帳、その他市長が適当と認めるもの。(注)「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載されているものに限る 。

 (注1)本人確認書類の文字や写真などが汚損等で確認できない場合は、事前に発行元から再交付を受けてからお越しください。
 (注2)本人確認書類について有効期限のあるものは、来庁時に有効期限内のものに限ります。
 (注3)本人確認書類は原本のみ可、コピー不可です。

 

お問い合わせ 

「マイナンバー総合フリーダイヤル」
 0120-95-0178(無料)

 通知カード、個人番号カードに関することや、その他マイナンバー制度に関するお問合せにお答えします。

 受付時間
   平日:午前9時30分から午後10時まで
 土日祝:午前9時30分から午後5時30分まで(年末年始12月29日~1月3日を除く)
 
※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料) 

 •マイナンバー制度に関すること 
  050-3816-9405
 •通知カード・個人番号カードに関すること 
  050-3818-1250
※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル
 •マイナンバー制度に関すること 
  0120-0178-26
 •通知カード・個人番号カードに関すること 
  0120-0178-27
(英語以外の言語については、平日午前9時30分から午後8時まで、土日祝午前9時30分から午後5時30分までの対応となります。)

関連情報 

・総務省 マイナンバー制度と個人番号カード

 www.soumu.go.jp/kojinbango_card/01.html

・個人番号カード 総合サイト

 www.kojinbango-card.go.jp/