公的個人認証サービス(電子証明書)の発行業務について(平成27年12月22日で終了)

 個人番号制度の開始に伴い、住民基本台帳カード向け電子証明書発行・更新は平成27年12月22日(火)をもって終了します。電子証明書の発行・更新を希望する方は、お早めに手続きをしていただくようお願いいたします。
  

公的個人認証サービス・電子証明書とは

公的個人認証サービスとは、インターネットを通じて行政手続きを行う際に、他人によるなりすましやデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段です。都道府県知事が発行する「電子証明書」と呼ばれるデータを住民基本台帳カード内に記録し、これを用いて安全なオンライン手続きをすることができます。

公的個人認証ポータルサイト 

 

電子証明書を希望する方は

受付窓口

本庁 市民課 窓口係 電話83-8117

二宮支所 市民窓口係 電話75-5002

 

受付時間

月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝日・年末年始は除く)

 

申請に必要なもの

・住民基本台帳カード

 住民基本台帳カードの申請方法

・本人確認のための写真付の公的身分証明書

 例:運転免許証、パスポート、顔写真付住民基本台帳カード

 有効期限切れのものや、氏名・住所の変更をしていないものは使えません

・交付手数料500円

 

公的個人認証サービス・電子証明書利用上の注意

・公的個人認証サービス・電子証明書を利用するには、インターネットが利用できるパソコンとICカードリーダライタが必要です。

・引越しや結婚等により電子証明書の記載事項に変更が生じたときは、電子証明書は自動的に失効します。

・電子証明書の有効期間は発行日から3年間です。

・電子証明書のパスワードを5回連続して間違った場合、不正使用防止のためロックがかかります。ロックを解除するためには、市役所窓口での手続きが必要となります。