違反を繰り返す自転車利用者に対し「安全運転講習」の受講が義務づけられるなど、道路交通法の一部が

改正され、平成27年6月1日に施行されました。

 改正の内容については、次のとおりです。

自転車安全運転講習の義務化

 交通の危険を生じさせる違反を3年以内に2回以上繰り返す、14歳以上の自転車運転者に対し、

公安委員会から安全運転講習の受講が命じられます。

 受講の命令に従わない場合、5万円以下の罰金が科せられます。

交通の危険を生じさせる違反とは

 自転車は「軽車両」に分類され、車の仲間です。

 交通の危険を生じさせる違反には「信号無視」や「一時不停止」、「酒酔い運転」など14項目が挙げられています。

 「ながらスマホ運転」や傘さし運転、イヤホンで音楽を聴きながらの運転なども大変危険な行為ですので、絶対にやめましょう。

 詳細につきましては、以下のチラシをご覧ください(資料提供 警察庁・都道府県警)。

 画像が表示されません