今後、ドライバーや自転車利用者関連の道路交通法の改正が、順次施行されます。

改正の内容については、次のとおりです。

平成26年6月13日までに施行

一定の病気等に係る運転者対策

 1.公安委員会は、免許の取得・更新をしようとする方に対して、病気の症状に関する必要な

   質問ができるようになります。虚偽の記載・報告をすると1年以下の懲役または30万円

   以下の罰金刑を受けます。

 2.一定の病気等に該当する免許保有者を診察した医師が、任意でその診察結果を公安委員会

   に届けることができるようになります。

 3.一定の病気等の疑いがある方に対して、専門医の診断を待たずに、暫定的な免許停止をす

   ることができるようになります。

 4.一定の病気等を理由に免許を取り消された場合、取り消しから3年以内であれば、再取得

   する時の技能・学科試験が免除されます。

 ※ 一定の病気等とは、統合失調症、てんかんなどの病気や、アルコール、麻薬などの中毒を

   いいます。

悪質・危険運転者対策

 取消処分者講習を受けることなく免許が失効した方が、免許を再取得する場合は、1年以内に

 取消処分者講習を受講しなければなりません。

放置違反金の収納事務委託

 放置違反金の納付場所が金融機関だけでなく、コンビニでも納付することができるようになり

 ます。

 

平成26年12月13日までに施行

「環状交差点」の通行ルールの制定

 車両の通行部分が環状(ドーナツ)型になっていて、道路標識等により右回りに通行が指定さ

 れている「環状交差点」でのルールが定められます。

 

平成27年6月13日までに施行

一定の病気等に係る運転者対策

 一定の病気等に該当することを理由に免許を取り消された日から3年以内で再取得した場合は、

 免許が取り消される前の期間と再取得した免許期間が継続されていたものとみなされます。

悪質・危険運転者対策

 危険な違反を繰り返す自転車利用者に、講習の受講が義務づけられます。受講しないと5万円

 以下の罰金刑を受けます。