無免許運転の罰則化、自転車の安全対策などを定めた、道路交通法の一部が

改正され、平成25年12月1日に施行されました。

 改正の内容については、次のとおりです。

悪質・危険な無免許運転に対する罰則の強化

 無免許運転、無免許運転の下命・容認、免許証の不正取得の罰則が引き上げられます

 改正後は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

 

 無免許運転幇助行為の禁止及び罰則規定の整備

 無免許運転を行うおそれのある者に自動車等を提供し、提供を受けた者が無免許運転を

 した場合・・3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

 運転者が免許を受けていないことを知りながら、その運転者に対し自己を運送することを

 要求又は依頼して同乗した場合・・2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

ブレーキの効かない自転車の運転停止措置

 内閣府令で定める基準に適合するブレーキを備えない自転車が運転されている場合、

 警察官はその自転車のブレーキを検査したり、ブレーキの整備や運転継続の禁止を

 命令することができるようになりました。

 検査拒否等、応急措置命令等違反は、5万円以下の罰金が科せられます

軽車両の道路右側路側帯通行の禁止

 自転車等の軽車両が通行できる路側帯は、道路の左側路側帯に限られます。

 路側帯の右側通行をした場合・・5万円以下の罰金

 詳細は以下のとおりです