地盤沈下を未然に防止するために、平成25年3月に栃木県生活環境の保全等に関する条例が改正され、真岡市を含む特定の地域において一定規模以上の揚水施設*を設置する場合、設置等の届出が義務付けられました(平成25年7月1日施行)。

(該当する施設をすでに設置している方で、まだ届出をしていない方は、すぐに届出をしてください。届出窓口は、真岡市環境課です。)

 

*ポンプの出口の断面積が6平方センチメートル(内径:27.6mm)を超えるもの。

 なお、農業用の施設でストレーナーの位置が地表から30m未満のものは届出がいりません。また、家庭用ポンプ出口の断面積は、通常6平方センチメートル以下です。

 

詳しくは、下記リンクより、栃木県環境保全課のホームページをご覧ください。届出書のダウンロードもできます。

 

リンク:「栃木県生活環境の保全等に関する条例(指定揚水施設)」について