就職や転職に有利な資格を取得する際に、修学期間の上限2年間について訓練促進費を、また修了後に入学支援修了一時金を支給して、生活の負担軽減を図る制度です。給付金の支給を受けたい場合は、事前に相談が必要です。詳しくは、下記の児童家庭課母子自立支援員にご相談ください。

対象資格

・看護師(准看護師含む)・介護福祉士・保育士・理学療法士・作業療法士 等

対象者

市内に居住するひとり親家庭の親で、次の(1)~(4)を満たす方(平成25年4月1日から父子家庭の親も対象となる予定です)
(1)所得が児童扶養手当支給水準
(2)養成機関において2年以上のカリキュラムを修学中または修学予定で、対象資格の取得が見込まれる
(3)就業又は育児と修学の両立が困難であると認められる

(4)過去に訓練促進費等を受給していない
 ※訓練促進費については支給申請時以後において、また一時金については修学開始日及び修了日において、上記の要件を満たすことが必要です。
 ※訓練促進費と趣旨を同じくする給付(職業訓練に伴って支給される公的給付金等)を受けている場合は、対象になりません。

手続き

【訓練促進費】
 ◎児童家庭課へ事前相談し、申請手続き後、審査のうえ決定します。

支給額

【訓練促進費】
 市民税非課税世帯  月100,000円
 市民税課税世帯   月70,500円

【入学支援修了一時金】
 市民税非課税世帯  月50,000円
 市民税課税世帯   月25,000円

◎訓練促進費の支給額は、課税状況により変わります。