真岡市の不妊治療費助成制度が一部拡充されます。

 

現在、不妊治療(人工授精・体外受精・顕微授精)を受けたご夫婦に対し、治療費の一部を助成しておりますが、平成28年10月から次のとおり一部変更となります。

対象者

法律上の婚姻をしている夫婦であって、次のすべてに該当する方とします。

  • 保険適用外の不妊治療(人工授精・体外受精・顕微授精)が必要であると医師に診断された方
  • 体外受精・顕微授精については栃木県の指定医療機関で治療を受けた方
  • 1年以上前から真岡市に居住している方
  • 市税を滞納していない方

助成内容

1年度当たり上限15万円(費用の1/2以内)とし、通算5年まで助成します。

 

 

今回の変更点

 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた方で、平成28年度以降、特定不妊治療の助成申請が初回の方に限り、治療費の30万円まで助成します。

 例えば、過去に人工授精を実施し、28年度に特定不妊治療を開始した夫婦や過去に特定不妊治療を実施していたが、市に補助金の申請はせずに、平成28年度に初めて市に助成申請をする方が該当になります。

 

必要書類

  • 真岡市不妊治療費助成事業費補助金交付申請書
  • 真岡市不妊治療費助成事業受診等証明書
  • 領収書(コピー可)
  • 住民票(続柄、本籍の記載があるもの)
  • 市税完納証明書
  • 他から助成金等の受給があるときは、その交付決定通知書等(コピー可)
  • 補助金交付請求書

 申請期間

不妊治療が終了した次の年度までに申請してください。

その他

栃木県特定不妊治療費助成事業

  • 体外受精・顕微授精を県が指定する医療機関で受けた方
  • 夫婦の一方又は双方が県内に住所を有している方
  • 夫婦の前年の所得の合計が730万円未満の方
問い合わせ先

県東健康福祉センター地域保健部健康支援課
〒321-4305 真岡市荒町二丁目15-10
TEL 0285-82-2138 FAX 0285-84-7438

不妊専門相談センター

不妊に関する専門的な相談は、とちぎ男女共同参画センター(パルティ内)の不妊専門相談センターへご相談ください。

問い合わせ先

とちぎ男女共同参画センター内の不妊専門相談センターTEL 028-665-8099

パルティのホームページはこちら