入湯税は、鉱泉浴場における入湯に対し、入湯客に課税される税金で、鉱泉源の保護管理施設及び消防施設等の整備、観光振興に使われています。

 

納める人

 鉱泉浴場の経営者。ただし、実際に税金を負担しているのは入湯する人です。

 

税額

 入湯客ひとり1日について、150円、日帰りの場合は50円です。

 

申告と納税

 鉱泉浴場の経営者が、毎月1日から月末までの入湯された分について、翌月の15日までに市に申告し納入することになっています。
 なお、年齢12歳未満の方及び真岡市健康増進施設真岡井頭温泉に入湯する方は、課税が免除されます。