平成29年度栃木県青年農業者海外派遣研修

 栃木県農業振興公社では、明日の本県農業を担う青年農業者をアジアに派遣し、国際化の進展に対応し得る優れた担い手及び地域農業の発展に貢献できる人材の育成を目的に、栃木県青年農業者海外派遣研修を実施しています。

 

 応募者の資格

 1.平成29年4月1日現在、20歳から39歳の栃木県内に就農している者で、将来とも農業に従事することが見込まれ、市町長の推薦を受けた者。

 2.心身ともに健康で協調性に富み、計画に従って規律ある団体行動ができる者。

 3.過去に公費による海外研修等に参加した者にあっては、研修終了後3か年を経過している者。

 ※研修への参加希望者は、次の関係書類を整え、平成29年8月10日(木)までに農政課の海外派遣研修担当にお申込ください。

 ◇平成29年度栃木県青年農業者海外派遣研修参加申込書  と 研修負担金納入確約書  に必要事項を記入してください。(申込書の希望コースには希望するコースに○をつけてください。) 

 派遣時期・派遣国・派遣人員

 Ⅰコース:平成29年11月24日(金)から平成29年11月29日(水)マレーシア・インドネシア

 Ⅱコース:平成30年1月20日(土)から平成30年1月25日(木)マレーシア・シンガポール

 各コース、研修生、役員等10名程度

 日程

 各コースの日程については、以下のとおりです。

 Ⅰコース:マレーシア・インドネシア  

 Ⅱコース:マレーシア・シンガポール  

 研修の主な内容

 ◇卸売市場・仲卸・輸入商社(指定倉庫・コールドチェーン)の視察

 ◇海外農産物取扱小売業者・現地バイヤーとの意見交換

 ◇日系スーパー等の視察

 ◇日本貿易振興機構事務所での輸入状況調査

 ◇農場視察及び農場後継者との意見交換

 ◇店頭調査 など

 

詳細につきましては、平成29年度栃木県青年農業者海外派遣研修実施要領  や、栃木県農業振興公社ホームページ(www.tochigi-agri.or.jp/guide/02/02-1.html)をご覧ください。