畜産クラスター事業(畜産・酪農収益力強化整備等特別対策事業)

 

 畜産クラスター

  畜産クラスターとは、畜産農家と地域の畜産関係者(コントラクター等の支援組織、流通加工業者、農業団体、
  行政等)が、クラスター(ぶどうの房)のように一体的に結集することで、畜産の収益性を地域全体で向上させる
  ための取組です。
 

 畜産クラスター 取組みの流れ

 

 ① 畜産クラスター協議会             ② 畜産クラスター     ③ 都道府県知事   ④ 国庫補助事業等の
       の立ち上げ                     ⇒          計画の作成    ⇒   の計画認定  ⇒   活用       

    地域の関係者が連携し、           収益性向上のための       都道府県知事が         必要に応じて、
        畜産の収益性向上のため              取組、地域の関係者          必要事項を確認         国庫補助事業
        の取組を検討                          の役割分担等を記載          した上で、計画         へ申請
                                    した計画を作成       を認定

   ※畜産農家、地方公共団体、
    JA、畜産経営支援組織、
       畜産関連業者等

 

 畜産クラスター関連事業(畜産・酪農収益力強化整備等特別対策事業)

  

事業名 種別 内容
施設整備事業 ハード

家畜飼養管理施設、家畜排せつ物処理施設、自給飼料関連施設、

畜産物加工、展示・販売施設の整備等

機械導入事業 リース

畜産経営の収益性の向上等に必要な機械装置のリース方式による

導入

実証支援事業 ソフト

収益力向上に向けた新たな取組を実証するために行う調査、分析

製品試作、実証ほ場の整備等

   

 ※詳しくは、農林水産省ホームページをご覧ください。