人・農地プランとは?

 人・農地プランは、人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。

 将来の地域農業で予想される後継者不足や耕作放棄地の増加などに対し、その地域で誰に、

 どのような方法で農地を集積していくのかなど、を話し合っていただきプランへ

 反映していくものです。

人・農地プランへの登録

 人・農地プランには、各区域で将来の農業を担っていく方(中心となる経営体)

 が登録されています。

 また、農地中間管理機構を通じ、中心となる経営体に農地を貸し出す方(機構集積協力金)

 新たに農業を開始し将来的にその地区の農業を担っていく方(新規就農者)などは

 人・農地プランに登録されることにより、国の支援等が受けられる場合があります。

人・農地プランの更新

 人・農地プランは、随時内容の更新ができることとなっていますが、手続き等の問題もあり

 本市では、5月及び10月に更新作業を行っております。

 ・中心となる経営体の登録希望者の方

 ・機構集積協力金を希望する担い手、出し手の方(別途、中間管理機構の手続きあり)

 ・農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)を交付希望の新規就農者の方(45歳未満)

 上記の方は、人・農地プランへの登録が必要となります。

  5月更新 → 4月30日締切り

 10月更新 → 9月30日締切り    

 

 また、各制度の概要及び詳細につきましては、下記パンフレットをご参照いただくか、

 下記までお問い合わせください。

 

 真岡市役所 産業環境部 農政課 ℡0285-83-8137

 

 真岡市人・農地プランパンフレット [377KB pdfファイル]