農業次世代人材投資事業のお知らせ

 《平成29年度から青年就農給付金事業は、「農業次世代人材投資事業」に名称変更されました。》 

 次世代を担う農業者を目指す方に、就農前の研修を後押しする資金(最長2年間)と

就農直後の営農確立に資する資金(最長5年間)を交付します。

給付金制度の概要、対象者、給付要件等
 (研修)先進農家等で1年以上の研修を受ける就農予定時の年齢が45歳未満の方
 (就農)「真岡市人・農地プラン」に位置付けられた(又は位置付けられる
     と見込まれる)45歳未満の独立・自営就農者
※給付要件等の詳細は、農林水産省HP(外部リンク)でご確認下さい。

問い合わせ先
  真岡市内で研修・就農をお考えの方は、真岡市農政課へ
  就農地が決まっている方は、就農地の市町村へお問い合わせください。

 

 

 

新規就農者農業経営支援

 農業を開始するにあたり、多額の初期投資が必要となることから、

   本市では新規に農業を開始する方を対象に初期投資の一部を補助する事業を

   実施しています。補助の詳細は下記のとおりです。

 補助対象者

 認定新規就農者

   ※認定新規就農者とは

  市内に居住し、専ら農業で生計を維持することを目的に、

      市内で新規に就農した概ね65歳までの農業経営者で、

  本市に青年等就農計画を提出し、市長の認定を受けた方。

 補助額

 施設・機械・農地取得等の初期投資額の合計額の30%

 又は、360万円のいずれか低い金額

 支給条件

 1、5年以上市内で営農を行う方

 2、市税を完納している方

 3、新規就農時1回限り

 

新規就農者研修支援

 はが野農業協同組合で実施している「新規就農塾」で研修を受け、

 研修終了後に市内へ就農した場合に、

 新規就農塾が負担した研修費用の一部を補助します。

 研修生1名につき18万円

 ※研修中に新規就農塾が一時負担するため、個人への直接補助ではありません。

  

空き施設有効利用促進支援

 空き農業施設(パイプハウス・鉄骨ハウス等)を

 認定新規就農者へつなぐ取組みを行っています。

 補助の詳細は下記のとおりです。

 補助対象者

 認定新規就農者へ農業用施設(パイプハウス等)を貸し付けた方

 補助額

 農業用施設1メートル当たり500円

 支給条件

 1、認定新規就農者に5年以上農業用施設を含めた農地を権利設定した方

 2、市税を完納している方

 3、新規貸付時1回限り

 農業施設バンク

    真岡市農業施設バンクはこちら

 

 

新規就農者指導員設置

 新規就農塾やとちぎ農業未来塾等の研修後、就農した認定新規就農者に対し、

自立できるまでの1年間、新規就農者の営農・経営相談等の相談役として

新規就農者指導員を配置します。

 補助の詳細は下記のとおりです。

 補助対象者

 新規就農者指導員

 補助額

 月額 5,000円

 任期 1年以内

 

 

 その他不明な点は下記までお問い合わせください。

 

 真岡市人・農地プランパンフレット [377KB pdfファイル] 

 真岡市新規就農者支援パンフレット [177KB pdfファイル]  

 真岡市農業施設バンクパンフレット [147KB pdfファイル]