農業者年金制度とは

農業者の老後生活の安定のために、国民年金の上乗せ年金として創設されたものです。
平成14年1月には農業者年金制度が改正され、農業の担い手確保を目的とした新しい制度がスタートしました。

 

農業者年金に加入できる方は?

国民年金の第1号被保険者で、農業に年間60日以上従事する60歳未満の方です。

 

保険料は?

保険料は積みたて方式で、月額2万円から6万7千円までの間で自由に設定することができ、納めた保険料とその運用益が、将来の年金原資となります。

 

「政策支援」制度とは?

認定農業者や青色申告者など、一定の要件を満たす意欲ある担い手には、保険料の国庫助成があり、保険料が軽減される「政策支援」の制度があります。

 

年金の種類は?

農業者年金には「農業者老齢年金」と「特例付加年金」の2種類があり、どちらの年金も、65歳からの受給が基本ですが、希望により60歳まで繰り上げ受給できます。

農業者老齢年金

納めた保険料とその運用益を基礎とする年金で、加入者全員が受給できます。

特例付加年金

政策支援を受けた方の国の保険料助成分についての年金で、受給するには、適格な経営継承をする必要があります。

 

その他

制度改正以前の、平成13年12月分までの年金を受けるには、保険料納付期間に応じた年金が受給できますが、旧制度の要件を満たすことが必要です。
詳しくは、農業委員会事務局までお問い合わせください。