時代  西暦 年号 真 岡 の 動 き
 明治  1868 明治1 真岡三町内に打ちこわしが起こり、山内代官(源七郎)は逃亡する。
新政府軍が真岡陣屋に乱入して、山内代官及び手付4名を切る。真岡陣屋を焼く。
宇都宮城内に真岡知県事を置き、鍋島道太郎知県事となり、代官支配地・旗本知行地を管理する。
1869 明治2 真岡知県事が廃止されて日光県となる。
1871 明治4 日光県などの各県が廃止されて、栃木・宇都宮の2県となる(本市は宇都宮県)。
1872 明治5 真岡郵便局が田町に設置される。
1873 明治6 宇都宮県が廃止されて、栃木県に合併される。
真岡警察署の前身、検事出張所が般若寺内に設置される。
1874 明治7 真岡小学校の前身、「登高学舎」が創立され、長蓮寺で授業を開始する。
山前小学校の前身、新民館が、西田井小学校の前身、彰道学舎が、中村小若旅分校の前身、魁明学舎が、東沼小学校の前身、知新学舎が、長田小学校の前身、研智学舎が創立される。
1875 明治8 大内東小学校の前身、国民舎(新徳舎の分校)が創立される。
中村小東分校の前身、貴道学舎(物井の知新学舎の分校)が創立される。
栃木県、地租改正事業に着手する。
1876 明治9 山前小学校の前身、新民館が小林学校と改称する。
山前小南高岡分校の前身、弘毅学校が創立される。
1878 明治11 大内西小学校の前身、青於学舎が創立される。
郡制がしかれ、芳賀郡役所の仮庁を般若寺に開設する(大正15年まで)。各町村は独立した行政村となる。
1880 明治13 国会開設の請願運動のため、芳賀団結会が結成される。
山前小東大島分校の前身、発育学舎東大島分校(高田の発育学舎の分校)が創立される。
1881 明治14 最初の自治消防団発足する。
西田井小学校の前身、彰道学舎が西田井初等学校と改称する。
東沼小学校の前身、開智学舎(知新学舎の分校)が創立される。
全国で自由民権運動が高まる。
1884 明治17 下野紡績所が竣工する。
1887 明治20 小学校の統廃合により、谷田貝尋常小学校、物井尋常小学校、物井尋常小学校鹿分教室、物井尋常小学校高田分教室ができる。
1889 明治22 町村制が施行されて、真岡町・久下田町・山前村・大内村・中村・長沼村・物部村が誕生する。
大日本帝国憲法が発布される。
1890 明治23 真岡区裁判所を設置する。
1893 明治26 長沼村大字古山の有志、『下野国誌』の版木を買い戻す。(野中観音堂に安置)
1895 明治28 真岡税務署の前身、真岡収税署が郡役所内に設置される。
1897 明治30 第1回郡会議員の選挙が行われる。
1900 明治33 久下田銀行が設立される。
栃木第三中学校(真岡高等学校の前身、翌年県立真岡中学校と改称)が創立される。
1902 明治35 大風害発生。真岡役場をはじめ、民家・寺院・小学校など多数倒壊する。
1905 明治38 中村尋常小学校が創立され、若旅(現中村南小学校)・長田(現長田小学校)・八木岡(現中村東小学校)は分教場となる。
1907 明治40 陸軍特別大演習実施される(群馬県東部~栃木県南部~茨城県西部)。
下野銀行真岡支店が開業する。(昭和元年閉鎖)
1908 明治41 トテ馬車が開業される。
真岡北陵高等学校の前身、芳賀郡立農林学校が創立される。
1911 明治44 真岡女子高等学校の前身、真岡町立実科女学校が創立される。
「物部村郷土誌」・「長沼村郷土誌」が編さんされる。
1912 明治45 館真線(真岡線 真岡-下館〈現筑西市〉間の鉄道)開通。
株式会社真岡銀行が開業する。
大正 1914 大正3 真岡市街地に初めて電灯がつく。
1915 大正4 下野国誌刊行会より『下野国誌』発行。河野守弘、正五位贈位
1918 大正7 真岡-宇都宮間の定期バスが運行される(中根自動車株式会社)。
1920 大正9 日本赤十字病院の前身、株式会社芳賀病院が設立される。
真岡-茂木間に鉄道が開通する。
1921 大正10 芳賀時報社が創立され、月二回新聞が発行される。