昭和62年10月2日

 交通事故を防止し、安全で快適な交通社会をつくることは、市民すべての願いである。
 しかしながら、いわゆる暴走族が最近とみに活発化し、人々の生活基盤である道路において、広域的に悪質な集団暴走行為を繰り返し、あるいは、騒音公害を撒きちらし、市民の安全と平穏な生活を脅かしていることは、極めて憂慮に堪えないところである。
 真岡市議会は、安全でやすらぎのふるさとづくりのため、青少年の健全育成とあわせて関係機関が総合的な施策を促進するとともに、市民全員が
 1 暴走行為をしない
 1 暴走行為をさせない
 1 暴走族を見に行かない
という社会風潮を確立し、もって、市民の総力を挙げて暴走族を追放する。
以上、宣言する。


栃木県真岡市議会