平成21年度

防災行政無線の時間と内容について 

【ご意見・ご要望】
市町村防災行政無線の適正な運用をお願いします。防災行政無線は、基本的には国の許可を得て、非常時や災害時などのために整備されたシステムですが、最近は、住民の生活様式や仕事の勤務体制などが多種多様化しているため、特に行政機関の緊急性、重大性、広域性の低い内容における濫用により騒音公害が潜在的問題となっています。わたしの家の近くにも屋外スピーカーが設置され、110db(1mで)の大音量でお昼、午後6時に時刻を知らせる歌が放送されていますが、加えて早朝午前7時にも選挙や交通安全、火災予防の広報を休日であっても流されます。しかし、小さな赤ん坊がいる、夜勤明けで寝ているなどの市民実情を考慮し、運用に配慮すべきではないのでしょうか。過度の防災行政無線の広報としての利用は、緊急時の放送を聞き逃す原因になることすら考えられます。総務省通達で防災行政無線は一日一回の試験を勧告されており、それに従って真岡市でも時間をお知らせする、夕方子供の帰宅を促すという名目で音楽を流していますが、これは受容できるとしても、もっとも問題なのは市役所がまだ開かない午前7時、たとえ休日の朝でさえ、緊急性の無い放送を行うことです。防災無線は大音量で放送され、近隣住民にとって環境音などと異なり聞き流す事ができない性質のため、特に耳障りとなりやすいので、ガイドライン制定などの適切な運用、近隣住民への調査が必要なのではないでしょうか?せめて朝7時の放送を、朝8時とか夕方7時とかに放送を変更できないのでしょうか?朝7時、休日にも放送することへの改善を強く要望します。


【回答】
防災行政無線は、災害時の情報提供に電波を利用した情報伝達手段として、昭和62年度から運用を開始したもので、非常時の緊急情報の提供を基本として放送しております。運用にあたっては、真岡市防災行政用無線局(固定局)運用細則では「通信事項(放送)は、①地震、火災、台風等の非常事態に関する予報及び注意報、②一般行政事務の連絡に関する事項、③その他管理責任者が必要と認められる事項。」の3項目が規定されております。また、①の地震、火災、台風等による、市民の生命、身体、財産に対する現実的危険性がある場合、緊急放送を実施しております。緊急放送は、市全体にくまなくお知らせする必要がありますので、音量は高い設定になっております。屋外拡声子局が近くにある方につきましては、ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。防災行政無線は災害の発生時や緊急時に使用するのが、本来の目的でありますので、緊急放送以外の放送につきましては、放送時の音量、放送の時間帯について再度検討してまいります。また、防災行政無線のスピーカーの向き等も調査していきたいと存じます。


【問い合わせ】安全安心課 消防防災係 TEL 83-8396 FAX 83-8392


広報もおか、W・Nもおか、市政こよみを1つにしてほしい  

【ご意見・ご要望】
現在発行している「広報もおか」に、別印刷の「市政こよみ」を刷り込むことは考えてはいないのでしょうか。「広報もおか」の後ろの部分に印刷すれば紙面の活用にもなり、また、配布するのにも便利かと思います。また、なぜ真岡市は、「真岡新聞」に毎週そのつど行事案内を掲載しているのですか。各種の行事等は、当月になって決定するのではなく1・2月以前か、内容によってはそれ以前に決定済みかと思います。経費も安くなると思います。いろいろな印刷物を見なくても、一冊の広報紙で事足りる内容にしてほしいです。自冶会の回覧配布(広報もおか・議会だよりなど)に関しては、緊急なものは別として、まとめて配布してほしいです。


【回答】
広報紙等の発行について、お答えいたします。市で発行している3種類の広報紙とその目的は、次の通りです。月報「広報もおか」は、市主催行事の結果報告や、市からの重要なお知らせなどをお伝えするもので、16ページの紙面の中で、写真などを使ってより詳しい内容をお知らせしています。「市政こよみ」は、1カ月の行事や相談窓口を掲載し、予定をたてていただくものです。週報「Weekly News もおか」は、真岡新聞の3・4ページに掲載しており、市主催事業のお知らせや、募集記事などを、素早く臨機応変にお知らせするものです。以上、真岡市では3種類の広報紙を発行しており、平成20年4月に実施した市民2,000人を対象にしたアンケートの中で、自治会を通じてお配りしている「広報もおか」の購読率は約80%との回答があり、十分にご活用いただいているものと認識しております。次に、配布日についてでありますが、「広報もおか」と「市政こよみ」は、月の初めに皆さまのご家庭にお届けできるよう、前の月の24日前後に、シルバー人材センターから各町会長さんへお配りしています。「議会だより」は、議会終了後、できるだけ早く皆さまに議会での内容を周知するために、議会開催月の翌月末の発行となります。当分の間は、このまま発行していく考えでありますが、市民から募集した広報モニターのご提言をいただきながら、多くの方々に読んでいただける親しまれる紙面づくりに努めてまいります。


【問い合わせ】秘書課 広報広聴係 TEL 83-8100 FAX 83-5896