岡部記念館「金鈴荘」は、回遊式の日本庭園を備え、周囲に地元の磯山石(現在は生産されていない)を使用した石塀をめぐらしています。
 建物は、明治中期に岡部呉服店2代目岡部久四郎氏(創業者から数えると3代目)が建築材料等を多年にわたって集め、大工、指物師は出入りの職人を3年間東京で修業させ、十年余の歳月を費やし建築したものです。木造2階建、徹底した防火土蔵造になっています。
金鈴荘内部 内部造作の特徴としては、床の間部分は全て紫檀(したん、黒檀(こくたん、鉄刀木(たがやさんの唐木が使用されています。内部にある書画骨董類は、この地方にゆかりの深い作者のものが多く、矢橋天籟(やばしてんらい:真岡出身、高久靄崖(たかくあいがい:黒磯出身)の掛軸、額、佐竹永陵(さたけえいりょう:東京出身)の襖絵山水画、宇都宮藩家老の県六石(あがたりくせき、同じく藤田素堂(ふじたそどうの天袋、地袋絵や金屏風等、文化財として価値あるものが数多くあります。
 金鈴荘は、建築してから昭和27年まで岡部家の別荘として、関係者の接待や呉服の展示会場として使用されていました。また、有島武郎の小説「或る女」の女主人公「早月葉子」のモデルといわれている「佐々城信子」が後年暮らした所です。
 その後、昭和63年6月まで割烹料理店「金鈴荘」として利用されていましたが、同年8月に市が借り受け、真岡市近世百年の歴史・文化遺産として後世に引き継ぐため、岡部記念館「金鈴荘」として保存することになりました。物産会館・木綿工房(現木綿会館)の建物と併せ、平成13年1月に岡部呉服店から真岡市に寄付されました。

  

岡部家について

 岡部家は、初代を松兵衞といい、江戸時代末期に宇都宮の鈴木呉服店からのれん分けをし、現在の荒町に鈴木屋岡部呉服店として開店。その後2代目、3代目と商売に成功し、県下1、2の多額納税者でした。
 岡部家は、代々学問好きで先進的な考え方をもち、現在までの真岡市の発展に大きく貢献した家系です。