少年金次郎
 

 二宮家は酒匂川の氾濫を境に、一家離散してしまったが、金次郎の勤労と勉学で、24歳の時、二宮家の再興を果たした。 

酒匂川の氾濫 
酒匂川の氾濫

 

酒匂川が洪水になり、二宮家の田畑のほとんどが流出してしまった。(5歳)

 

 

堤防工事
父の代わりに堤防工事

 

父が病気なので、代わりに堤防工事に出た。しかし、半人前なのでわらじを作り、村人たちに提供した。(12歳)

 

わらじ作り
わらじを作って

 

病気の父に元気になってもらおうとわらじを作り、売った。そのお金で大好きなお酒を買って、父を喜ばせた。(12歳)

 

松苗200本
松苗200本

 

働いたお金で、気の毒な老人から松苗200本を買い、それを酒匂川の土手に植えて、洪水を防ごうとした。(13歳)

 

一家離散
二宮家離散

 

両親を失った二宮家では、弟2人が母の実家に、金次郎は叔父の万兵衛の家に引き取られることになった。

 

菜種油
菜種で油を得る

 

夜遅くに読書をしていると、叔父に「油がもったいない」としかられたので、菜種を植え、夜学の油に使った。(17歳)

 

荒れ地から1俵
荒れ地から1俵

 

捨て苗を集め家の荒れ地に植えて手入れをしたら、秋にはここから1俵余りの米を収穫した。(積小為大の発見)(17歳)

 

田の買戻し
手放した田を買い戻す

 

叔父の家を出た金次郎は、いくつかの家で働いたり、日雇いにも出たりした。お金が溜まると田を買い戻していった。(18から19歳) 

二宮家の再興
二宮家の再興

 

20歳の時、廃屋同然の生家を修理した。やがて資産を増やし、大地主になった。(24歳)